イナメトオル – 始発電車


イナメトオル  -  始発電車 歌詞 PV

始発電車

イナメトオル(40mP)

1.7m

作曲:イナメトオル
作詞︰イナメトオル

歌詞

始発電車が動き出すまで
ここで時間を持て余すより
次の駅まで歩いてみよう
太陽はまだ眠ってるけど

線路伝いに続く坂道
オレンジ色の空に交わる
足音だけをBGMにして
リズム合わせて歩き始める

短すぎた夏が過ぎて
やがて季節はめぐる
大人びてゆく君の姿
僕は変われないままで

終わりの見えない長い道を
迷いながらも君と歩いて
辿り着いた陽のあたる場所で
笑い合えたらそれでいいから

まるで世界に君と僕だけ
置き去りのような静けさだね、と
語るそばから自転車の音
笑いこらえて寄り添う僕ら

何気なく流れる日々を
ともに過ごしてゆく
偶然を重ね合いながら
やがて必然に変わる

戻ることなんてできないけど
休みながらも君と歩いて
辿り着いた陽のあたる場所に
何もなくてもそれでいいから

今、線路の向こうから太陽が昇る
ねえ、僕らが抱える不安 焦り
すべてを照らし出す

改札口が見えてくる頃
始発電車は動き始めて
ひと駅だけの短い旅は
あともう少しで終わり告げるけれど

これから始まる長い道を
君とふたりで歩き続けて
辿り着いた陽のあたる場所で
笑い合えたらそれでいいから

発売日:2015 11 04