ウソツキ – 惑星TOKYO


ウソツキ - 惑星TOKYO 歌詞 PV

惑星TOKYO

ウソツキ

惑星TOKYO

作曲:竹田昌和
作詞︰竹田昌和

歌詞

この星に上陸をして
どれくらいの時間が過ぎたのか
諦めと疲れを混ぜて
吐いた息を空に滲ませた

故郷の星も見えなくなって
もう帰ることも出来なくなった
持ってきたはずの夢や希望も
いつのまにか見えなくなった

僕が憧れたあの日見た東京は
僕が憧れたあの日見た理想郷は
確かに輝いてて
手を伸ばして掴もうとした
まだ目を閉じてみれば
輝いてるんだ

この星の住人たちは
どいつもこいつも
エイリアンばかりで

言葉も趣味も合うわけないよな
だって自分も立派なエイリアン
遠くから見ていたあの頃は
あんなに輝いて見えたのに

僕らは探してるあの日見た東京を
僕らは探してるあの日見た情熱を
見えづらくなったって
この星は輝いてる
そう信じていなくちゃ
やってられないんだ

応答どうぞ
こちら惑星東京
応答どうぞ
こちら惑星東京
聞こえていますか?
あの日の僕へ
聞こえていますか?
僕はなんとかやってます

応答どうぞ
こちら惑星東京
お前が夢見た
ここは惑星東京
聞こえていますか?
こちら惑星東京
応答どうぞ
こちら惑星東京

どんなに探しても理想郷はないし
僕が夢見てた本当の東京は
すぐ近くにあったんだ
僕の中で光ってた
ほら僕が見ていたのは
この光なんだ

発売日:2017 04 12

ウソツキが4月12日にリリースする2ndフルアルバム「惑星TOKYO」の詳細が発表された。

今作には3rdミニアルバムのタイトルトラック「一生分のラブレター」を含む全11曲を収録。アルバムのラストを飾る「本当のこと」は明日3月2日(木)深夜24:00から放送のFM802「RADIO∞INFINITY」にて初オンエアされる。

収録内容と同時にアーティストビジュアルおよびジャケットアートワークが公開された。いずれのアートワークにもウソツキのメンバーとエイリアンが通勤する姿が捉えられている。なお今作はウソツキが4月1日に東京・LIQUIDROOMにて開催するワンマンライブ「USOTSUKA NIGHT 創世記-ジェネシス- ~ウソツキが生まれた日~」にて先行販売される。