加藤ミリヤ – ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう― feat. 峯田和伸


加藤ミリヤ - ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう― feat. 峯田和伸 歌詞 PV 映画『ピース オブ ケイク』主題歌

ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう―

加藤ミリヤ feat. 峯田和伸

映画『ピース オブ ケイク』主題歌

作曲:Yoshihide Otomo
作詞︰Miliyah・Nobukazu Mineta

歌詞

きみを傷つけて 離れなくさせて
もう二人は愛の虜
だってあたしはきみ だけのもの
大嫌いなのに 大好き

もう。このまま、僕を傷つけて。
そう。思いのまま、僕を切り刻んで。
君のHATEに僕のLOVEが勝てるまで。
昨日までの涙に、嘘はないって誓えるまで。

きみを食べたい 甘くて切ない恋の味
どうしょうもないきみがまた憎めない どうしても
うんざりするほど愛してる
きみはまさに生きる希望

君のいない春は、僕に夏を死なせてしまうから。
君のいない街は、僕が通りすぎるのを待つ。
君のいない部屋は、僕に花を枯れさせてしまうから。
君のいない僕は、僕すらも見捨ててしまうだろうから。

愛を叫ぼう
不器用だっていい へたくそでもいい
愛を叫ぼう
生まれて来た意味を知ったよ
だから愛を叫ぶよ
うるさいくらい何度だって叫ぶよ

手をつなごう1000回も。
手をつなごう1000回も。
もうたぶん壊れちゃってんの。
手をつなごう1000回も。

発売日:2015 09 02

映画『ピース オブ ケイク』の主題歌「ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう― feat.峯田和伸」で、銀杏BOYZ 峯田和伸との衝撃コラボを果たしている加藤ミリヤだが、峯田からは大きな影響を受けていたことを告白した。

ミリヤが峯田を知ったのは中学2年生のときだという。「当時のレーベル担当者が“ミリヤは絶対好きだから”って聴かせてくれたのがGOING STEADY(銀杏BOYZの前身として知られる伝説のバンド)だった」という。当時は“ヒップホップしか聴かない”と言って尖っていたというミリヤだったが、歌詞カードを見ながらドハマりしたそうだ。

そして学校帰りにひとりでライブを観に行ったときのことをこう回想した。「名古屋のクアトロだったかな。ステージから落ちそうな峯田さんと、それを支えるファンの男性。マイクを飲み込んでしまいそうな勢いのパフォーマンスが、今でも記憶に深く刻み込まれている。同性が神のように崇める様が素晴らしくて、“私もこういうアーティストになりたい!”って思った」

話題のコラボ曲「ピース オブ ケイク―愛を叫ぼう― feat.峯田和伸」は、キスしそうな勢いの鮮烈なミュージックビデオが話題になっているが、映画『ピース オブ ケイク』公開直前“愛を叫ぼう!”ライブ付上映イベントのチケット一般販売もスタートとなった。多部未華子・綾野剛ら映画の出演者はもちろん、ミリヤと峯田の生共演がライブで見られる貴重なイベントだ。