和楽器バンド – 望月


和楽器バンド - 望月

望月

和楽器バンド

四季彩-shikisai-

作曲:山葵
作詞︰山葵

歌詞

妖美に刺す恍惚な目 誘惑の滴る汗
体這わす凍える指 心もてあそぶ
嘲笑う理性の枷 その鎖壊せば
畏れすらも愉悦へ変わる

絡み合う声揺れて
もう求めるままに溺れて
泡沫の夢がたり
さぁ望月の闇夜を切り裂いて

迸る命の熱 脳裏まで這い上がる
握り返す指先まで 鼓動重ねる
灯りは消え時が廻り 夢から覚める前に
抱きすくめて ただただ強く…

誰の目にも届かぬ巣箱の片隅で
背徳に怯えながらも悶え、這いつくばり
箍を外した心の叫びが
体の奥、奥へと刻まれてゆく

満ち溢る月明かり
そっと 儚い刻 ( とき ) を照らして
一片の物語
そう二人だけの一頁

絡み合う声揺れて
もう求めるままに溺れて
泡沫の夢がたり
さぁ望月の闇夜を切り裂いて

発売日:2017 03 22