和楽器バンド – 流星


和楽器バンド - 流星

流星

和楽器バンド

四季彩-shikisai-

作曲:町屋
作詞︰町屋

歌詞

僕等は歩いて来た
一歩でも良いって
時々さ、後ろをさ 振り返って
本当は泣いてたんだ
だけど笑ったんだ
何時だって、僕だって 君だって

いつかまた会える日まで
胸に残しておこう
分かれ道の先 忘れない様に

流星が降ったあの日の夜空
命さえ枯れた世界で
この時間の中に僕等出逢えた奇跡
無限に広がる空の彼方で
またいつか会える
届かぬ祈りなど無い

目を閉じ感じたんだ
風や樹々の息吹を
山を越え、谷を越え 海の果て
それらはひとつひとつ
命が宿っている
大切な温もりを抱き締めて

誰しもが探し求める
光の輪郭に触れられたならば
時は走り出す

流星が降ったあの日の夜空
まだ胸が少し痛くて
この手で救える未来があるのなら
無限に広がる空の彼方に
手を伸ばし叫ぶ
愛しき世界を守りたい

いつかまた会える日まで
君を想っていよう
分かれ道の先 繋がる時まで

流星が降ったあの日の夜空
幾つもの時間を超えて
走ったり、転んだり 君と過ごした軌跡
無限に広がる永遠の宇宙で
何度でも会える
届かぬ祈りなど無い

届かぬ祈りなど無い

発売日:2017 03 22