和楽器バンド – 浮世heavy life


和楽器バンド - 浮世heavy life

浮世heavy life

和楽器バンド

「これぞ暁斎!世界が認めたその画力」展イメージソング

四季彩-shikisai-

作曲:鈴華ゆう子
作詞︰鈴華ゆう子

歌詞

混沌とした浮世の中
踊れ踊れ 咲き誇るため
繋ぎ合わせた想いならば
いっそこの身が朽ち果てるまで

夜明け前の日の本を巡り行く
最後は描いた狂気ごと

いざ参ろう 道無き道
今宵は宴 華の舞
深く深く描くものは 情熱の残り香です
今放とう 時代の矢を
火事と喧嘩は江戸の華
ぽつりぽつり降り出すのは狂気の涙
嗚呼、燃やし尽くせよ心 筆を取れ!

回り巡る時代の中で
思え願え 叶う時まで
心臓の音が止まる日まで
ひとつふたつ写し続ける

雨はすべて優しく包みます
最後は地が固まるように

いざ参ろう 道無き道
今宵は宴 華の舞
潜り潜り 写すものは感情の灯火です
今放とう 覚悟の矢を
火事と喧嘩は江戸の華
ぽつりぽつり降り出すのは狂気の涙
嗚呼、燃やし尽くせよ心、筆を取れ!

いざ参ろう 道無き道
今宵は宴 華の舞
深く深く描くものは 情熱の残り香です
今放とう 時代の矢を
火事と喧嘩は江戸の華
ぽつりぽつり降り出すのは狂気の涙
嗚呼、燃やし尽くせよ心 筆を取れ!

発売日:2017 03 22

和楽器バンドの新曲「浮世heavy life」が、2017年2月23日(木)からBunkamuraザ・ミュージアムにて開催される<ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!世界が認めたその画力>展の展覧会イメージソングに決定した。

<これぞ暁斎!世界が認めたその画力>展は、世界屈指の暁斎コレクションとして知られるイスラエル・ゴールドマン所蔵作品により、日本初公開を含む約180点の展示で幕末から明治を生きた絵師・河鍋暁斎の作品の全体像を紹介する展覧会。「浮世heavy life」は本展のために書き下ろされた楽曲で、12月末から放送予定の展覧会テレビCMでも使用されるという。なお、和楽器バンドが展覧会のイメージソングを手掛けるのは今回が初となる。

–「今回、私たち和楽器バンドの楽曲が「これぞ暁斎!」展のイメージソングに採用されて、大変光栄に思っております。破天荒な奇才、暁斎の生き様をメンバーイチの破天荒キャラであるベースの亜沙が書き下ろしました。展覧会と共に私達の楽曲もお楽しみください!」──鈴華ゆう子