宮野真守 – passage,


宮野真守 passage, 歌詞 PV

passage,

宮野真守

作曲:Jin Nakamura
作詞︰宮野真守

歌詞

いつの間にここまできたんだろう 坂道ばっかのこの旅路で
空っぽだったカバンの中は 無駄じゃないガラクタばかり

子供の頃に描いた未来って 近づくほど離れて見えて
あの日の僕は僕を笑うかな? でも 伝えられるなら
「いってらっしゃい!」

That’s how I live my life 無理して叫んで泣いたりもして
I have a place to go 愛して愛され笑ったりもして
Things that have come and gone 立ち止まり振り返れば、
そこにある帰るべき場所。

雲の切れ間から光が射すように 思いもいつか晴れるのでしょう
ありのままを受け入れたなら 変わらないまま変わってくのでしょう

大空に羽ばたくあの鳥のように 雲の向こうを目指していくのでしょう
変わらなければならないモノ それでもずっと変わらないモノ

この誇りあるガラクタ抱いて 今、光ある回り道を歩いていこう

PASS & AGE未来の僕は夢に ちょっとでも近づけているのかな?
もしもこの声が届くのならば そう 伝えたいのは
「いってきます!」

That’s how I live my life 悩んで足掻いて泣いたりもして
I have a place to go 走って転んで笑ったりもして
Things that have come and gone 立ち止まらず乗り越えれば、
そこにある辿り着く場所。

君に出会うまで知らなかったよ まだ見ぬ未来が広がってゆく
君と歩けるのなら きっと…きっと…

雲の切れ間から光が射すように 思いもいつか晴れるのでしょう
ありのままを受け入れたなら 変わらないまま変わってくのでしょう

大空に羽ばたくあの鳥のように 雲の向こうを目指していくのでしょう
変わらなければならないモノ それでもずっと変わらないモノ

僕だけのpassage,紡いで 空、晴れ渡る光の射す方へ
歌いながら…

発売日:2018 06 08