有安杏果 – ハムスター


有安杏果 - ハムスター 歌詞 PV

ハムスター

有安杏果

ココロノオト

作曲:有安杏果
作詞︰有安杏果

歌詞

街頭の灯りが明るい都会の空
星ひとつ見えない無色の空
だけどそこにひっそりと
月が佇むように
確かな光
放ち続けてたい

ビルの窓がひとつふたつ消えて
静まる街で
今日もひとり家路を急ぐ
昨日と同じ今日も一日が巡る
回り続ける
ほらハムスターみたいに

走り続けることに夢中になって
気づけばそこにいるのは自分じゃなかった

見落としてきた 無数のきらめく星
流される日々に消されてた
たかが先の知れた
未来かもしれないけど
でも見失うな
足元の幸せ

時は流れひとつふたつ記憶が
にじんで拡がる
心のキャンパスの上で
混ざり合って異色な色が巡る
主張し続ける
ほら抽象画みたいに

誰かの目をひくわけじゃないけど
自分しか出せない色がそこにはある

街頭の灯りが明るい都会の空
星ひとつ見えない無色の空
だけどそこにひっそりと
月が佇むように
確かな光
放ち続けてたい

走り続けることに夢中になって
気づけばそこにいるのは自分じゃなかった

見落としてきた 無数のきらめく星
流される日々に消されてた
たかが先の知れた
未来かもしれないけど
でも見失うな
足元の幸せ

発売日:2017 10 11