氣志團 – 蒼き独裁者に告ぐ

LINEで送る
Share on LinkedIn
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

氣志團 - R“N”R P@RTY

蒼き独裁者に告ぐ

氣志團

万謡集

作曲:TAKURO
作詞︰TAKURO

歌詞

We used to be together 灯りを消して
We used to be best buddies 瞳を閉じれば

夢に挑んでその夢の途中で
無く したお前の温もりを
独りの夜には浮かべては消してく
眩しいほどに輝いてた2人

Restless heartache もうおやすみを
Restless heartbreak 魂よ眠れ

恋の終わりの強がりによく似た
素直さにはぐれた愚か者
全て注いで夢だけに生きても
あの日々ほどの夢などないのに

Restless heartache 愛に出会えたなら
Restless heartbreak その腕を離すな

初めてのギグの後、ギターを担ぎトボトボと俺ら
先を歩くあつの背中を月が照らしていた
溢れ出した感情に付ける名前など無く
ただがむしゃらに、ただひたすらに
それで良かったんだよ
それだけで良かったんだ

俺に言いてぇ事なんてありゃしなかった
言ったところで上手く伝わるとも思わねぇ
でもあいつは独りいつも怒っていたな
くだらねえって世界にとにかく憤っていたけど
俺には解るんだよ
あいつは泣いていたんだ
心はいつも泣いていたんだよ

何もかもがうまく行かねぇ時も歌ってた
東高円寺の安いスタジオでさ、油まみれの指でさ、マイクを握り歌ってた
高校を中退したあいつは 昼はキツイ仕事で夜はバンド
日々の疲れは音もなくお前に忍びよって
気がつきゃスタジオの隅でしゃがみ込んで眠っちまってた
どんな夢をみてるのか、今ではもう聞けねぇけれど
夢みるのも楽じゃねぇよな おい!
ほんと、ロックンロールも楽じゃねぇよ

社会に飛び込んだのはいいけど
やっぱ甘くねぇな そりゃ甘くねぇって
「みんなに守られていたんだなぁ」 なんてらしくねぇセリフを吐いた時
お前きっと決めてたんだな
何かを諦めて何かを捨てて
お前固い決意をしてたんだな

少しずつ俺達も運が向いてきた頃は
お前がいなくてもやれる事をお前に証明したくてさ
お前に「頑張ってんな!」って褒めて欲しくてさ
お前に褒められたくて
下げたくもねぇ頭を何度も何度も下げたよ
泥水だってすすったさ

でもそりゃねぇよ いきなりそれはねぇって

どっかからかっぱらって来たような
理屈っぽい人生論をドヤ顔でまくしたてた時も
俺は俺のこの偉そうな言葉でも何の力にもなれなかった
あいつを救えもしなかった
結局誰も救えてなかったのかも知れねぇ

確かなものなんて何1つねぇけど
それ言っちゃ駄目だって それ言っちゃお終いだろ
お前がいつも言ってたろう?
お前が最後に見た夢の続きを教えてくれよ
お前と見た夢の続きをもう一度教えてくれよ

なぁ最後に笑わねぇで聞いてくれねぇか?
俺、もし神様にあったら聞いてみてぇことがあるんだよな
「人の人生の結末は最初から決まっているのか?」って事を
「もし決まってんなら俺らどこに向かってるんですか?」って事を
「なぜこんなにも迷いの森をさまよい続けてたくさんの人を傷つけて
それでも生きていくんですか?」って
「何の為に生きて何の為に死ぬんだよ?」って

ごめん、冗談。そんな話をしたかったわけじゃねぇんだ
こんなくだらねぇ話をしたかった訳じゃねぇんだよ

ただなんかもっとやれたことがあるんじゃねぇか?って
ただなんかもっとお前に向き合えたんじゃねえかってさ
もっと優しくなれたんじゃねぇかって
もっと強くなんなきゃつて

だってお前、最後の方、全然笑わねぇしさ
いつもみてえな冗談もいわなくなっちまってさ
自分を責めるばっかりで俺の言葉もついに届かなかっただろう?
俺に何が出来たかな?
なぁ教えてくれよ

いやだって無理だって 無理だって 正直に言うと
俺も精一杯だったし上手くやってるつもりだったし
目まぐるしい毎日の中でもう止めることなんて出来やしなかったよ
走り始めた幻をこの手に掴むことで精一杯だった

変わったのはむしろ俺の方かもしれない

それでも
音楽を信じ
仲間を信じ
自分を信じて生きてきたんだよ

これからもそうやって生きてゆくんだよ
それしか出来ねぇんだよ

目に見えるものはいつか
その身を滅ぼし
目に見えぬものは
永遠に変わる

目に見えるものはいつか
その身を滅ぼし
目に見えぬものは
永遠に変わる

発売日:2017 08 09