秦基博 – ダイアローグ・モノローグ


秦基博

ダイアローグ・モノローグ
秦基博

作曲:秦基博
作詞:秦基博

歌詞

廻る時計の針に はじかれた君はひとり
打ち付ける人波 憧れは 脆く砕け散ったよね

あの日 ぽつりと漂う はぐれた雲に 明日を重ねていた

思うように 思うようには 生きられないこの世界で
君はただ もがいていた
特別じゃない なにものでもない 自分を突きつけられて
君は探した 君をもう一度

相変わらずの街に 今でも僕はひとり
でも悪いことばかりじゃなかったよ 失くしたものもあるけど

空に ぽつりと「大丈夫」とつぶやいた 間違いなんてないんだ

思うように 思うようには 生きられないこの世界で
僕はまだ もがいてるけど
いつか君が刻んだ時間が 確かに息づいている
変えられるんだ 痛みは 強さに

思うように 思うようには 生きられない でも世界は
君をきっと 待っているから
今の僕が刻んだ時間も 静かに紡がれてゆく
どんな未来も 乗り越えられるよ

発売日:2014 04 23

同シングルは『ダイアローグ・モノローグ』と題され、表題曲は主人公が昔の自分と対話をし、過去を振り返るだけではなく、現在と向き合い、未来へ踏み出していこうとする姿を描いたナンバーになっているという。