葵-168- – MUSIC

LINEで送る
Share on LinkedIn
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

葵-168- - MUSIC 歌詞 MV

MUSIC

葵-168-

作曲:yukarico
作詞︰葵

歌詞

咎めないで美食家よ 賞味期限 うるさい
どんな肉も腐る前が 一番だと言うのに。

桜のように 生きてるだけで 価値があれば、
焦る事なく 儚き物語

しがみついた 午前三時の ロンリー ロンリー「たられば」
ほんとは もう 君の興味は無いのかな?
その笑顔が ぐちゃぐちゃ歪み 脳に 脳に 染みるよ
ほんとは まだ 君の照明に 当たりたい

わかってるよ わかってるよ もう わかってるよ
都合の良い終わり方
だけどもっと 明日はきっと 何か変わるって
信じてしまう 僕がいた

唱えないで思想家よ 世は不機嫌 揺るがない
どんな夢も叶う前が 一番だと言うのに。

冬に焦がれて 鳴く事しかできない 蝉は
神のまにまに 抗うことはない

しがみついた 午前三時の ロンリー ロンリー「たられば」
ほんとは もう 君の興味は無いのにね
うその笑顔が ぐちゃぐちゃ歪み 脳に 脳に 染みるよ
ほんとは まだ 君の照明に 当たりたい

常識の線引き 僕の年齢が越えてく…
だけど他に何も 何も無いんだ 僕には無いから

「MUSIC」
五線譜の上 call me call me 歌うよ
ほんとに もう 君に恋して ばっか だね
どこにいても 何をしてても 脳に 脳に 浮かぶよ
ほんとは まだ 君の照明に 当たりたい

わかってるよ わかってるよ もう わかってるよ
都合の良い 終わり方
だけどもっと 明日はきっと 何か変わるって
信じてしまう 僕だから

情けなくて 果てしなくて 死んじゃいそう
譲れなくて 許せなくて くたばれない

しがみついて しがみついて 手を伸ばすよ

発売日:2017 08 10