長澤知之 – ソウルセラー


ソウルセラー

ソウルセラー

長澤知之

ソウルセラー

作曲:長澤知之
作詞︰長澤知之

歌詞

胸の奥でくすぶっていたあの日の炎
手の平でずっと守ってきた光
それだけでいいと高速バスに飛び乗って
夢を見て1人眠ったラブホテル

あれからもう十何年も月日は経って
そりゃみんな変わって当然なんだよ
誰もがそう
でも僕は今も変わらず守っているよ
光この想い あなたの記憶とハモれる?

時に人は言うよ
「捨て去って素直になろう」
なぜ素直になるために捨てなきゃいけないんだい

プライド 僕は誇りを持って歩く
心にあの人の笑顔を見てる
たいして他に持ち合わせなどないもの
優雅に小銭を鳴らして行こう

僕のこと守ってくれた人を想う時
今はもういない大好きだった人を想う時
メロディーに乗せて彼らのこと歌える時
そしてそんな僕を見つけるあなたに会う時

プライド 僕はあなたを抱き歩く
みんなが茶化す姿に会釈する余裕
たしかに僕はこいつを売っちゃいないよ
だってほら、心から叫べるもの
それは僕のプライド プライド

時に人は言うよ
「捨て去って素直になろう」
なぜ素直になるために捨てなきゃいけないんだい

プライド 僕は誇りを持って歩く
心にあの人の笑顔を見てる
たいして他に持ち合わせなどないもの
優雅に小銭を鳴らして行こう

プライド 僕は炎に焼かれてゆく
いつかは燃え尽きる時がくる
高らかにこの瞬間を空に刻む
魂の揺らぎに身を委ねて
魂の揺らぎに身を委ねて

発売日:2019 03 20