陰陽座 – 御前の瞳に羞いの砂


御前の瞳に羞いの砂

御前の瞳に羞いの砂

陰陽座

作曲:瞬火
作詞︰瞬火

歌詞

心悸(ときめき) 其(そ)れは 時空も 歪める程
手前勝手(てまえがって)な 心思(うらも)い
然(しか)れども 只 此(こ)の身は 老い 曝(さ)らぼう
淡い 寂寞(じゃくまく)の 欠片(かけら)

離れてより はや幾年(いくとせ) 忘(わす)る程(ほど) なれば
変わり果てた 此(こ)の 容姿(すがた)を 御目(おめ)に
晒(さら)せようか

(老嬢(ろうじょう)) 砂混じりの 宵 瞼を 閉じて
(老憊(ろうはい)) 泥塗(どろまみ)れの 恋 さも あらねば
其(そ)の 瞳(ひとみ)に 羞(はじら)いの 砂を

瞬(またた)く うちに 過ぎたる 時間を忌(い)む
軽い 六垢(ろっく)な 心根(こころね)
然(さ)りとて 最早(もはや) 笑えるはずもない
深い 悲しみの 欠片(かけら)

如何(いか)にしても 繕(つくろ)いたい 叶わねば 然(さ)らば
見る影無い 枯れた 顔で 御目(おめ)を 汚(よご)せようか

(老嬢(ろうじょう)) 砂混じりの 宵 瞼を 閉じて
(老憊(ろうはい)) 泥塗(どろまみ)れの 恋 さも あらねば
其(そ)の 瞳(ひとみ)に 羞(はじら)いの 砂を

離れてより はや幾年(いくとせ) 忘る程 なれば
変わり果てた 此(こ)の 容姿(すがた)を
強(し)いて 視(み)ると 言うか

(老嬢(ろうじょう)) 砂混じりの 宵 瞼を 閉じて
(老憊(ろうはい)) 泥塗(どろまみ)れの 恋 でも 視(み)ようとして

(老嬢(ろうじょう)) 袖(そで)を噛む 迷い 逢いたい 然(さ)れど
(老憊(ろうはい)) 待ち過ぎた 報(むく)い 遅すぎたと
目眩(めくら)撃(う)ちに 苛立ちの 砂を
だから 早く 逢いに来て

発売日:2016 11 30