陰陽座 – 氷牙忍法帖


氷牙忍法帖

氷牙忍法帖

陰陽座

作曲:瞬火
作詞︰瞬火

歌詞

謀(はかり) 蠢(うごめ)く 懐(ふところ)に 生まれ
息差(いきざし)も 己(おのれ)の 任(まま)に ならず
遂(と)げる 何かは 幽冥(ゆうめい)に 隠(かく)る
人を 斬るに 糸は 切れない

悔悟(かいご)の 牙よ 此(こ)の身に 宿(やど)れ
未(ま)だ 腕に残る 軽みが 悍(おぞま)しい 故(から)
最期に 踊れ 氷の 荊棘(ばら)を
撫でる 様に 塵と 罅(は)ぜよ

怒りに 喚(おめ)く 彼(あ)の頃に 染まれ
目差(まなざし)は 奴(つぶね)の 其(それ)に 非(あら)ず
欠ける 泪(なみだ)は 血刀(ちがたな)に 代えて
戯(ざ)れた 嘘も ざらり 纏(まと)みて
此(こ)の手で 葬(はぶ)らん

悔悟(かいご)の 牙よ 此(こ)の身に 宿(やど)れ
未(ま)だ 腕に残る 軽みが 悍(おぞま)しい 故(から)
最期に 踊れ 氷の 荊棘(ばら)を
撫でる 様に 塵と 罅(は)ぜよ

数え切れぬ 疵(きず)よ 此(こ)の身を 喰らえ
甦(よみがえ)る 胸の 痛みが 睡(ねむ)らぬうちに
最期に 踊れ 氷を 穿(うが)つ 雪の 様に
白に 眩(ま)いて 縷縷(るる)に 贖(あが)う
修羅の 途(みち)を

発売日:2016 11 30