陰陽座 – 風人を憐れむ歌


風人を憐れむ歌

風人を憐れむ歌

陰陽座

作曲:瞬火
作詞︰瞬火

歌詞

過ぎ去り行く 風の 声を 留(とど)め置くは 誰の 為か

其(そ)の 憂いは 要(い)らぬもの
畏(おそ)れる 迹(あと)は 歩まねば 刻まぬ

おまえの歌は 何処(どこ)にも行(ゆ)けぬ 只 果て逝(ゆ)く
此(こ)の手に伝う 心の 声も
振り返る 前に 砂になる

愚かに過(す)ぐ 己(おの)が 声を 求めるのは 己(おのれ)のみと

縦(よ)し 気付けど 時間(とき) 遅く
せめても 願う 風に 紛れて 消え去れ

おまえの歌は 何処(どこ)にも行(ゆ)けぬ 只 果て逝(ゆ)く
此(こ)の手に伝う 心の 声も
振り返る 前に 砂になる

其(そ)れでも 歌う 声は 止まぬ
生命(いのち)の 在(あ)るを 確かむ様に

ぼくらの歌は 役にも立たぬ 只の 戯句(ざれく)
溢れる程の 無闇な 愛も
いま 風に溶けて 土に還(かえ)る

おまえの歌は 誰にも遣(や)らぬ 歌って逝(ゆ)く
忘れたくない 無双の 声も
嗄(か)れ果てる 前に 音を消す

発売日:2016 11 30