雨のパレード – ame majiru boku hitori


ame majiru boku hitori 歌詞 pv

ame majiru boku hitori

雨のパレード

作曲:福永浩平
作詞︰福永浩平

歌詞

赤い傘をさす少女は水たまりに
描かれる虹をじっと待っている
ひとつふたつと弾け飛ぶ雨粒に
心を奪われ耳を傾ける

単純な僕を騙すように幻想と現実が交じっていく

空色の傘の少年は少しずつ
晴れることを望まなくなってしまった
何の気なしにぶら下げてる僕の足は
3割方は溶けてしまってる

理屈まみれの景色がだんだん解けてなくなっていく

鼓膜に叩きつける雨音であなたの叫び声も聞こえない
今聞こえてくるのはテンポの早い呼吸音
僕はそのまま水たまりに頭まで浸かって溶けてしまった

鉛のように沈黙する水の中で鳥になるような感覚を覚える
のらりくらりと漂ってる君の過去をさ
忘却の川に流してしまおうよ

鼓膜に叩きつける雨音であなたの叫び声も聞こえない
今聞こえてくるのはテンポの早い呼吸音
僕はそのまま水たまりに頭まで浸かって
この声でどんなにあなたを呼んでも
激しい雨音で届かない
今聞こえてくるのはテンポの早い呼吸音
僕はそのまま水たまりに頭まで浸かって溶けてしまった

発売日:2016 12 21