古川本舗 – グレゴリオ feat.ちびた


グレゴリオ feat.ちびた
古川本舗

ガールフレンド・フロム・キョウト

作曲:
作詞︰

歌詞

発売日:2012 11 07

申し訳ございませんが、まだ歌詞を用意出来ておりません。補足をお願いします。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
  • disqus_0pizFfVUZy

    どうぞ、話して
    「それは遠い昔のこと。
    僕は幼く、体も小さく、
    一人きりの日々で。
    いつしか、隣に
    似た風の人がいたんです。
    とても幼く、体も小さく、
    一人きりの少女
    僕らは毎日、話をしたんだ。
    声も名前も、思い出せないけど
    雲が流れたとか、花が咲いたとか
    それだけで良かったんだ。」

    それは恋よ、グレゴリオ
    暗い夜の淵でも、
    一人手探りのまま、ゆけるようにと
    誰かがそう、残した
    淡く燃える光よ、
    忘れないで

    「傘を濡らして
    二人で歩いたんだ
    跳ね立つしぶきも、雨蛙の声も
    鮮やかに覚えているのに。」

    いいえ、
    思いたせないこともあるでしょう?
    誰もすべてを、心の隅っこに
    おいておける訳じゃないのよ。

    「悲しいことは思い出せないこと
    それも忘れてしまうこと」

    泣かないでグレコリオ
    盲いたその目では、
    正しさは曇って
    見えないとしても
    私が教えてあげる、
    その話の続きを、
    さあ!

    「これが、恋」とグレゴリオ
    暗い夜の淵では、
    一人手探りのまま
    歩けないのだと
    杖になり寄り添ったまま、
    折れてしまうその日を、
    怖がりながら

    これは恋よ、グレゴリオ
    暗い夜の淵では、
    貴方無しではもう、
    歩けやしないよ
    微笑んでグレゴリオ
    雲が流れたんだよ
    ねえ