感傷ベクトル – 深海と空の駅


深海と空の駅
感傷ベクトル

作曲︰田口囁一
作詞︰サクマアイコ

歌詞

一時五分の
遠いモノレールは
音もたてずに海の底から出る

曇らない窓ごしに額あてれば気づいた
きみも睫毛の先では孤独を感じてる

意味ある日を祈る僕の弱さを見て

走る流線形をえがく風に
きみは飛び乗る
声もなく ただ微笑んで手を振る

六時五分の
淡いモノレールが
こぼす刺激を今だけはその手がなだめて

走る流線形を照らす月は
きみの波打つ髪の先まで染めるだろう

ああ 沈んだ海の底 えがく波は
何も生まない そう思うほど
きみの影 触れては消えてく 光と