遊助 – ヤーレンソーラン


ヤーレンソーラン
遊助

作曲:重永亮介
作詞︰遊助

歌詞

気まぐれ真夏が訪れた
目にもの見せたる ええんか炎天下
我らが踊れば風になる
回り回って舞い上がれい

せっかちな雪駄
ひらり手のひら
朝から晩まで騒いだれ
ガッツリはちまき
帯締め両手
上げろ 届け 声よ

ヤーレンソーラン 舞い散らせ
海越え雲突き抜けるまで
嫌な事 笑って 夢にのせ
祭り祭られて 風車

雨が降らなけりゃ虹出ない
涙が出なけりゃ笑えない
我らが踊れば和ができる
笑い笑って 星ごと揺らしたれ

あんた地元どこさ?
照れてるならば
四の五の言わずに体揺らせ
なんとかなるさ
なんとかしてきたろ?
だからくれよ 笑顔

ヤーレンソーラン 舞い散らせ
海越え雲突き抜けるまで
嫌な事 笑って 夢にのせ
祭り祭られて 風車

ヤーレンソーラン 見せてやれ
その心 燃え尽きるまで
明日は野となれ山となれ
出せるぜ 火事場の馬鹿力

ヤーレンソーラン 舞い散らせ
海越え雲突き抜けるまで
嫌な事 笑って 夢にのせ
祭り祭られて 風車



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Oo歌詞 © 2014 Some Rights Reserved

OO