RADWIMPS – 五月の蠅


RADWIMPS - 五月の蠅 歌詞  PV

五月の蠅
RADWIMPS

作曲︰野田洋次郎
作詞︰野田洋次郎

歌詞

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
君が襲われ 身ぐるみ剥がされ
レイプされポイってされ途方に暮れたとて
その横を満面の笑みで スキップでもしながら
鼻唄口ずさむんだ
僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

哀しみや憂いの影の 一つも宿さず
かわいいと謂れ慣れて 醜く腐ったその表情
もうフォークを突き立てたいよ
あぁ死体 死体になった君を見たい

己が醜さ恥じて 髑髏を垂れ
名前より先にごめんなさいを口癖に
今日まで手合わせ 生きてきたのに
バカみたい 君を見てると

まるで自分が世界一
汚れなき者に思えてきたりもするんですが
生憎そんな遠回りせずとも
僕は僕を大事にできるから
もういらないよ

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
通り魔に刺され 腑は溢れ
血反吐吐く君が助け求めたとて
ヘッドフォンで大好きな音楽聴きながら
溢れた腑で縄跳びをするんだ
僕は君を許さない もう許さない もう許さないから

君の罪裁く法律はない あぁ なんて世界だ
代わりに僕が罰してあげましょ なんて言うかよバカ

君にあげた僕の言葉達よ成仏せよ
その身体に解き放った 愛しの僕の精液を
お願いよ 取り返したいの
かわいそう かわいそうで泣きそう

空が蒼いように 華が散るように
君が嫌い 他に説明は不可
君が主演の映画の中で 僕はそう 最強最悪の悪役
激動の果てに やっと辿り着いた
僕にもできた絶対的な存在
こうやって人は生きてゆくんでしょ?
生まれてはじめての宗教が君です

僕は君を許さないよ 何があっても許さないよ
君の愛する我が子が
いつか物心つくとこう言って喚き出すんだ
「お母さんねぇなんで アタシを産んだのよ」
「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」
「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」
「お母さんの子になんて産まれなきゃよかった」

そこへ僕が颯爽と現れて
両の腕で彼女をそっと抱きしめるんだ
君は何も悪くないよ 悪くないよ 悪くないから

発売日:2013 10 16

RADWIMPSがニューシングル「五月の蠅 / ラストバージン」を10月16日にリリースする。

この作品は「五月の蠅」「ラストバージン」「にっぽんぽん」からなる新曲3曲入りのシングル。収録曲のうち「ラストバージン」と「にっぽんぽん」は昨日9月15日に宮城で行われた野外ライブ「青とメメメ」のステージにて初披露された。「五月の蠅」は本日9月16日0:00から9月17日0:00までの24時間限定で、ストリーミング配信が実施されている。

なお「にっぽんぽん」は2006年にリリースされた「有心論」のカップリング曲「ジェニファー山田さん」を手がけたバンド“味噌汁’s”による7年ぶりの新曲となる。

RADWIMPSは現在ニューアルバムを制作中で、2014年には全国ツアーの開催も予定しているとのこと。「五月の蠅 / ラストバージン」の初回生産分にはツアーチケットの先行抽選受付案内が封入される。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Oo歌詞 © 2014 Some Rights Reserved

OO