DAOKO × 米津玄師 – 打上花火

LINEで送る
Share on LinkedIn
[`livedoor` not found]
[`yahoo` not found]
[`fc2` not found]

DAOKO - 打上花火 歌詞 PV 

打上花火

DAOKO × 米津玄師

映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌

作曲︰米津玄師
作詞︰米津玄師

歌詞

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う
夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く

パッと光って咲いた 花火を見ていた
きっとまだ 終わらない夏が
曖昧な心を 解かして繋いだ
この夜が 続いて欲しかった

「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って
笑う顔に何ができるだろうか
傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動
焦燥 最終列車の音

何度でも 言葉にして君を呼ぶよ
波間を選び もう一度
もう二度と悲しまずに済むように

はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が
きっとまだ 胸に住んでいた
手を伸ばせば触れた あったかい未来は
ひそかに二人を見ていた

パッと花火が
夜に咲いた
夜に咲いて
静かに消えた
離さないで
もう少しだけ
もう少しだけ
このままで

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

パッと光って咲いた 花火を見ていた
きっとまだ 終わらない夏が
曖昧な心を 解かして繋いだ
この夜が 続いて欲しかった

発売日:2017 08 16

米津玄師とDAOKO が出会い、映画『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』とDAOKO が出会った。

必然的に出会った彼らが『打上花火』を完成させた。彼らが奏でる音楽は、壮大なミディアムバラードに、夕暮れから花火が上がるまでの情景、せつない恋心を歌い上げる。DAOKO と米津玄師が掛け合い、その声の切なさ、印象的なトラックは、映画に花を添える。米津玄師プロデュースの本楽曲は、印象的なピアノのイントロリフから、ストリングスを入れつつも、エレクトロトラックを融合させた現代のバラードが完成。本楽曲は、8月18日より公開される、『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』主題歌に決定しミュージックビデオでのふたりのパフォーマンスは必見。監督は長添雅嗣さんが手掛ける。2 曲目には、『打ち上げ花火、下から見るか?横からみるか?』挿入歌『Forever Friends』が収録。『Forever Friends』は、テレビドラマシリーズ“If もしも” の一作品として1993年に放送された際のREMEDIOS描き下ろし楽曲をカバー。DAOKO の印象的な声で、新たな『Forever Friends』を幻想的に歌いあげる。初回限定盤には、キャラクターデザイン渡辺明夫さん(シャフト)描き下ろしジャケット。そしてDAOKO “青色時代”TOUR 2016.9.22 at 赤坂BLITZ公演のDVD特典映像を収録予定。通常盤のみの収録として、1曲追加し全3曲収録。