EDGE of LIFE – Starry Sky


EDGE of LIFE - Starry Sky

Starry Sky

EDGE of LIFE

作曲:安田貴広
作詞︰安田貴広

歌詞

満天の星空に輝く二つの星
儚い光を見上げている
真空の世界の中
懸命に耳を澄まして
今もお互いの声を探している

君の涙に僕だけは気づきたいんだ

Starry Sky
この胸に抱いた想いは
Shining Star
星空に輝いて
僕らの未来を照らし続けてるよ
Starry Song
歪な世界に愛を歌って生きて
いつか果てる日まで
もう絶対に忘れぬように
そんな祈りが灯るこの空

恒星が放っている群青のあの輝き
僕が生まれる前の光
平行線を描くように僕らはただ生きていた
いつか交わるとも思わずに

笑っていたいから守るべき物があるんだ

Starry Sky
この世界に今日も生まれる
Tiny Star
終わりすら始まりで
新しい想いも輝きを増していく
Sing a Song
言葉にはできないことがわかっていても
抑えきれないから
歌いたいんだ
奏でたいんだ
この夜が明けるその前に

Starry Sky
この胸に抱いた想いは
Shining Star
Starry Sky
この世界に今日も生まれる
Tiny Star
満天の星空に輝く二つの星
儚い光

Starry Sky
この胸に抱いた想いは
Shining Star
星空に輝いて
僕らの未来を照らし続けてるよ
Starry Song
歪な世界に愛を歌って生きて
いつか果てる日まで
歌いたいんだ
奏でたいんだ
この夢が覚めるその前に

もう絶対に忘れぬように
そんな祈りが灯るこの空

発売日:2016 11 16

りゅうちぇると神永圭佑が参加しているEDGE of LIFEのニューシングル「Starry Sky」のミュージックビデオが公開された。

「Starry Sky」は、相手に対しての熱のある想い、大きい壁を乗り越えようとする意志が込められた疾走感のあるロックチューン。EDGE of LIFE史上最速のテンポで休みなく繰り広げられる曲展開でありながら、聞きやすい作品となっている。

ミュージックビデオには萩尾 圭志(Vo)、今村 将也(Gt)に加え、りゅうちぇるがベース役、神永圭佑がドラム役で出演。「もしも、りゅうちぇる・神永圭佑がEDGE of LIFEのメンバーでミュージシャンだったら…」というストーリーで構成されている。

初めは4人がクールかつスタイリッシュにライブ感あふれる演奏を繰り広げるが、後半では楽屋で寝ているいつもの「りゅうちぇる」に。実は彼の夢だったというオチになっている。しかしそこには来年2月12日(日)に行われる4人のライブ告知フライヤーが落ちておりADがりゅうちぇるを呼びに来ると、りゅうちぇるがベースを持ってステージに向かうという夢オチでありながらも意味深な終わり方をする大変興味深い内容。