G.RINA – 夏のめまい feat.田我流


夏のめまい feat.田我流 歌詞 pv

夏のめまい feat.田我流

G.RINA

作曲:G.RINA
作詞︰G.RINA・ラップ詞:田我流

歌詞

積乱雲と青空の
コントラストにめまいの夏よ
寝不足の目にまぶしいね
しぶきをあげてプールに飛び込む

タイムリミットあなたとはここで
おわかれしなきゃ 仕事もあるし
待ち遠しくても あっという間なの
すてきな距離を保つには

小麦色の肌に
ビーチサンダル あなたに夢中さ
交換したアドレスに
また連絡するから

ドキ まさかのノーブラ
初回でいきなり打たれるホームラン
動揺を隠せない
めまいを感じ 真っ直ぐ歩けない
彼女はまるでアガサクリスティー
勢力を拡大するミステリー
対する俺はエディーマーフィ
笑いで心奪う 真犯人
月明かりが妖しい晩に
アップテンポで流す海岸線
ふとした時のその仕草に
逆に火のつけられた導火線
花火のよう 夜は明けてく
謎を残し 彼女は去ってく
短い夜 長くするマジック
彼女はかけて 消えた朝の街

夏が去ってく 誰も
大人しく熱を冷まし帰ってく
だけど胸にひっかかるランデブー
忘れないでもいいならI’ll call you
on the phone
ちょっと待ってみてもいいかも
スロウダウン ローダウン
まあとりあえずフリーだし
ってまたクールを装い

プールサイドはもう誰もいない
西湘だって少し空いたはず
遠くへ行こう もっと知りたいから
雨の予報は気にせずに

小麦色の肌に
カットオフジーンズ そろそろ秋さ
やわらぐ光線で
やっと素顔がみえてくる

素性は何も知らず 明かさず
そんな夏の筈が 欲が発芽
音楽がいつもよりもVIVIDで
ループする記憶 合わせた目と目
会えば会う程 怖くなる
知れば知る程 大きくなる
花をつけてしまった感情
ない連絡 彼女も一緒
今日は生憎の雨模様
多分きっと、、あの海も荒れるよ
潮風に混じった夏の終わり
超えられるかどうか占う2人
雨は止み やがて日差し
色を取り戻し 世界が眩しい
登るサンライズ 新しい何か
どうぞ宜しく 世界がはにかむ

小麦色の肌に
ビーチサンダル あなたに夢中よ
交換したナンバーに
きっと連絡するから

小麦色の肌に
カットオフジーンズ そろそろ秋さ
やわらぐ光線で
やっと素顔がみえてくる

発売日:2017 01 11