MAN WITH A MISSION – Take Me Under


MAN WITH A MISSION - Take Me Under

Take Me Under

MAN WITH A MISSION (MWAM、マンウィズ)

映画「いぬやしき」主題歌

作曲︰Jean-Ken Johnny
作詞︰Jean-Ken Johnny

歌詞

I’m so addicted to
This tiny world of my own
Stuck in my cage and so abused to the bone

I’m so addicted to
This tiny world of my own
Stuck in my cage and so abused to the bone

That was predicted too
See how they panic so good
Fed up with everything in being out of order

I hear the morning lullabies
Wake me when it’s over
目を覚まさせて
Just like your god has sent the sign
REBOOT YA FIRST DRIVE

覚醒してみせよ
終焉の使徒
Take me under Take me down with you
断ち切った思いを
So now just take me under
Why don’t you take me down with you

So you’re addicted too
抜け出せぬまま
Fed up with everything cause we’re just out of order

I see the falling one’s collide
Wake me when it’s over
今際の際まで
生まれ変わるのさ
REBOOT YA FIRST DRIVE

覚醒してくリビドー
煉獄の主よ
Take me under Take me down with you
消し去った記憶と
So now just take me under
Why don’t you take me down with you

So take me down with you
Cause nothing here is true
I felt you thought so too

Hope it’s closer
Hope it’s somewhere
When it’s over
Hope we don’t care
I’ll be there too
There when it comes true
So take me down with you

Reborn and finally I begin
So lord yes God just take me under
Won’t you Take me down with you

覚醒してみせよ
終焉の使徒
Take me under Take me down with you
断ち切った思いを
So now just take me under
Why don’t you take me down with you

発売日:2018 04 18

MAN WITH A MISSIONの新曲「Take Me Under」が4月20日公開の映画「いぬやしき」の主題歌に決定。同曲を収録したシングルが4月18日にリリースされる。

「いぬやしき」は奥浩哉の同名マンガを佐藤信介が実写化した映画で、うだつの上がらない定年間際のサラリーマン・犬屋敷壱郎と殺人を繰り返す高校生・獅子神皓の衝突が描かれる。劇中では木梨憲武が犬屋敷を演じ、佐藤健が獅子神に扮する。

MAN WITH A MISSIONは映画のプロデュース陣から「このバンドしかいない! ワンだウルフ!!(Wonderful)」と熱烈なオファーを受け、「Take Me Under」を書き下ろした。楽曲の作詞作曲を担当したJean-Ken Johnny(G, Vo)は、「ダークダケド温モリモアル、破壊的ダケド希望モ垣間見エル、疾走感モ重厚サモ感ジレルヨウナ作品ニ仕上ゲマシタ。映画『いぬやしき』トトモニ楽シンデ下サイマセ!」とコメントしている。

なおMAN WITH A MISSIONはフジテレビ系ノイタミナの枠で放送されたテレビアニメ版「いぬやしき」のオープニングテーマも担当した。

「Take Me Under」はマンウィズが4月18日にリリースするニューシングル「Take Me Under / Winding Road」の収録曲。4月20日公開の映画「いぬやしき」の主題歌として使用される。MVの舞台は狼たちが長年豚に支配されているという設定の未来都市。CGを駆使したバンドの演奏シーンと、1匹の狼が立ち上がり武装した豚たちに拳1つで立ち向かうアクションシーンで構成されている。楽曲の作詞作曲を手がけたJean-Ken Johnny(G, Vo)は、MVについて「メチャクソカッコイイアルヨ。俺ラヨリ究極ナ生命体ガ出ルYO。Take Me Under観テ、聴イテ、ブットブアルYO!」とコメントした。