SKE48 – 不器用太陽


SKE48 - 不器用太陽 歌詞 PV

不器用太陽

SKE48

作曲︰渡辺宙明
作詞︰秋元康/M.KOSHIMA

歌詞

アスファルトの熱で 街はノボセて
みんなスローモーション 君の自転車がゆっくり近づく
ワンピースの花が 風に舞い上がって
キュンとさせるよ 僕たちは何か始めるのかな
好きなのに知り合って長過ぎる
海へ行きたいって 君が言い出すから
友達のままで 海へ行って何をすればいい?
僕は相変わらず 視線合わせず
口が勝手に 欲しいスニーカーの話をしている
横をバスが通りすぎた瞬間 さり気なく君をかばう

僕は不器用太陽 ただ君のそばで
照らしてるだけだ 言葉に出来やしない
消極太陽 恋する季節が もどかしい感じで ジリジリ熱いだけだ
好きだけど 好きすぎて(まっすぐにはそう君を見れない)
これ以上 近づけば(どこまででもそう続く青空)
防波堤の端 二人腰掛けながら
かき氷食べて 歯が染みるとかこめかみが痛いとか
潮風に吹かれ 波を見ていられたら
これもいいかな 君の一番近くに居るんだから
そんな僕の弱気見透かして 尖らせた君の唇

僕は不器用太陽 出会った時から
ここで燃えるだけ じっと動けない
臆病太陽 近くに行ったら
大事な君まで 消えちゃいそうでダメだ
好きなのに 好きだけど(この距離感そうぎこちないほど)
好きなのに 好きなんだ(この関係そう青春サマーラブ)
僕は不器用太陽 ただ君のそばで
照らしてるだけだ 言葉に出来やしない
消極太陽 恋する季節が もどかしい感じで ジリジリ熱いだけだ
好きだけど 好きすぎて(まっすぐにはそう君を見れない)
これ以上 近づけば(どこまででもそう続く青空)

発売日:2014 07 30