あたらよ – outcry


outcry

outcry

あたらよ

極夜において月は語らず

作曲:ひとみ
作詞︰ひとみ

歌詞

孤独を飲んで
痛みを知って
弱さを吐いて
強さを飼った
それでもまだ

1人はぐれた 世界の隅で
孤独を抱いて 今日も歩く
痛みでさえも 冷え切るほど
深い闇夜の 真ん中で

背負ったものの大きさに
押しつぶされそうな今日に
それでも明日を願っている

だから今日も
孤独を飲んで 痛みを知って
弱さを吐いて 強さを飼った
それでもまだ足りなくて
差し伸べられた手さえ振り払ったんだ
底に残ったのは弱さだ

孤独でさえも 強さを生む
そう言い聞かせ 今日に縋る
騙し続けた この心が
軋む音にさえ 目を向けずに

縋ってしまえば手放せないと
もろくなる自分を恐れて
鏡に映る虚像を塗りつぶしてはまた壊してく
そうして見えなくなった貴方に
寄りかかることはもう出来ない

孤独を飲んで 痛みを知って
弱さを吐いて 強さを飼った
それでもまだ足りなくて
差し伸べられた手さえ振り払った
それでもまだ足りなくて
貴方の心さえも売り払った
あなたの痛みでさえも殺した
もうすぐ夜が明ける

発売日:2022 03 23

あたらよが、3月23日にリリースした1stアルバム『極夜において月は語らず』に収録されている新曲「outcry」のミュージックビデオを公開した。

新曲「outcry」は新作RPGゲーム『メメントモリ』の“ラメント”(キャラクター専用ソング)として書き下ろした楽曲となっており、作中の登場人物・アムレートをイメージして制作された。

楽曲のストリングスアレンジには武嶋聡を迎え、アムレートの凛然とした姿と繊細さの二面性が描かれ、壮大で切ない楽曲に仕上がった。

ミュージックビデオでは、いつも何かに追われている夢を見る女性を橋下美好が演じ、退廃的な空間で楽曲の世界観が表現されている。