くじら – 抱きしめたいほど美しい日々に


くじら - 抱きしめたいほど美しい日々に

抱きしめたいほど美しい日々に

くじら

作曲:くじら
作詞︰くじら

歌詞

指先の感覚はないまま
夜明けを待つ間に君の背で寝ている
ああ、抱きしめたいほど美しい日々に
栞を挟んでおいて

天気予報の声で起きた 目元がぼやけていた
静電気が指先から…適当に音楽を。

昼間から寂しくなってる
自堕落のせいで鬱になってる
柔らかい土くれになって
春風に靡かれていたい
雑踏の中でコーヒーを飲む夢だ

指先の感覚はないまま
夜明けを待つ間に君の背で寝ている
ああ、抱きしめたいほど美しい日々に
栞を挟んでおいて

都会の下卑た風鈴の音と
流行り廃り オエって…はにかんで嗚咽
足りてない脳を隠している 
あー全部バレてるよ
見透かされている気がする 
いつか終わる
まだ 生き地獄 床に這う 転々と飯を食う 
歳をとる 歯痒いのに鈍くなってく

フィルム色、臙脂
遠からず全て忘れてゆくことでしょう
削ぎ落とされて無くなりゆく記憶の

指先は感覚がないまま
夜明けを待つ間に君の背で寝ている
ああ、抱きしめたいほど美しい日々に!
栞を挟んでおいて

発売日:2022 05 10

くじらが5月10日に新曲「抱きしめたいほど美しい日々に」をリリースした。

ボカロPとしてキャリアをスタートさせ、yama、Adoなどの歌い手をフィーチャーしたオリジナル曲を発表しながら、SixTONES、DISH//をはじめとしたアーティストへの楽曲提供を行ってきたくじら。「抱きしめたいほど美しい日々に」は今年4月にリリースした「四月になること」と同じく、くじら自身が歌唱する楽曲として制作された。