さユり – 花の塔


花の塔

花の塔

さユり

酸欠少女

作曲:さユり
作詞︰さユり

歌詞

君が持ってきた漫画
くれた知らない名前のお花
今日はまだ来ないかな?
初めての感情知ってしまった

窓に飾った絵画をなぞってひとりで宇宙を旅して
それだけでいいはずだったのに

君の手を握ってしまったら
孤独を知らないこの街には
もう二度と帰ってくることはできないのでしょう
君が手を差し伸べた 光で影が生まれる
歌って聞かせて この話の続き
連れて行って見たことない星まで

誰の手も声も届かない
高く聳え立った塔の上へ
飛ばすフウセンカズラ
僕は君に笑って欲しいんだ

満たされない穴は惰性の会話や澄ましたポーズで
これまでは埋めてきたけど

退屈な日々を蹴散らして
君と二人でこの街中を泳げたら
それはどれだけ素敵なことでしょう?
出したことないほど大きな声でやっと君に伝わる
歪なくらいがさ きっとちょうどいいね
世界の端と端を結んで

窓に飾った絵画をなぞってひとりで宇宙を旅して
それだけでも不自由ないけど
僕は選んでみたいの
高鳴る心 謎だらけの空を
安全なループを今、書き換えて!

君の手を握ってしまったら
孤独を知らないこの街にはもう二度と
帰ってくることはできないのでしょう
いくらでも迷いながら光も影も見に行こう
歌って聞かせてこの話の続き
連れて行って見たことない星まで
世界の端と端を結んで

発売日:2022 07 03