まふまふ – サクリファイス


まふまふ - サクリファイス

サクリファイス

まふまふ

神楽色アーティファクト

作曲:まふまふ
作詞︰まふまふ

歌詞

果てしない悲哀の環状線 奪い合いの連鎖
終幕はどこで見られるだろう

命を預けた天秤は推定無罪を要して
その正義も 猛る勇姿も
不用品となってしまった

―――どうして?―――

この手じゃ そんな小さな心にうまく触れない

歪んだ運命は 幾つもの禁忌の翼
望まれかざした刃が
手のひらを返して罪と成る
それは 辻褄が神に背きだすカルマ
たとえ狂いない未来としても 正鵠に射かける

どうして ボクの名前を呼んでよ

まだ脳裏に焼きつく 憧憬

くだらない夢の続きや あの丘目指して
ボクらは笑えたはずだったのに

疑い 疑われては鍵かける今日だ
爆弾でしか戸を叩けずに
どこかで間違えていたんだ

―――どうして?―――

この手は 奪うことばかりで
あやせもしない

空は青より灰色と記憶した翼
祟り目 奪った代償に
もうボクはボクでいられない
それはかつて名を持った 贖罪と輪廻
以後いかなる幸せでも この手では触れない

どうして 君と会ってしまったの

喉元に焼きつく 硝煙

これだけの苦痛を抱え込んで
生まれた意味などはないと知った
血塗られた今日日を血で洗って
生まれた意味などはないと知った

何ひとつも救えないくせして
十字架ばかりを背負っていこうと
何者にもなれないと知った
処刑台が嗤い 手招いている

歪んだ運命に敗した 仮初の翼
望まれかざした刃が
手のひらを返して罪と成る
それは 辻褄が神に背きだすカルマ
たとえ狂いない未来としても 正鵠に射かける

どうして ボクの名前を呼んでよ

まだ脳裏に焼きつく 憧憬

発売日:2019 10 16

7月よりTOKYO MXほかで放送されるテレビアニメ「かつて神だった獣たちへ」のオープニングテーマとして、まふまふが書き下ろしの新曲「サクリファイス」を提供する。

「かつて神だった獣たちへ」は、めいびいが「別冊少年マガジン」に連載中のマンガを原作としたダークファンタジー。この原作を読み込んで「サクリファイス」を制作したというまふまふは、楽曲について「世界の身勝手さと、それに伴う犠牲や憤りを書かせていただいた曲です。これ以上ない曲を書けるよう努めました」とコメントしている。

まふまふが単独名義でアニメのタイアップを手がけるのは今回が初となる。YouTubeでは「サクリファイス」を用いたアニメのプロモーション映像を公開中。