ゆず – 公私混同


公私混同

公私混同

ゆず

ドラマ『親バカ青春白書』主題歌

作曲︰北川悠仁・岩沢厚治
作詞︰北川悠仁・岩沢厚治

歌詞

時代がそっぽ向いてら どっちかってどっちだっていいや
いまだに抜けられない いつだって公私混同
都合と調子がいいときだけまかり通す
これでいいのだ

なんてboring now
目一杯なstayで
Hi-HOになれないday by day
movingできるならcall me back
すぐにenjoyしよう

from Monday until Sunday
つまり365日 最優先事項は君
Good morningからGood night
さらに in a dreamまで
何差し置いてもキミ

未来がこっち向いてる なんでかってそんな気がしたんだ
傷つき打ちのめされた 青い春の群像
ピンチをチャンスに履き違えて今日も行く
これでいいのだ

うたた寝してたね 種明しの裏
キラキラ ヒラヒラ これっていいかも
しづこころなく 花の散るらむ
けど 儚きかなとは どうゆうこと?

そして次第に夢から覚めてく 現実って残酷っていうか
ヒサカタノヒカリノドケキ 問答無用
臆病者それぐらいがきっとちょうどいい
これでいいのだ

ずっとholding on
賢明なthink more
Hi-Lowになってんなら一旦brake
restart するなら wake me up
一緒に宴joinしよう

from Monday until Sunday
たまに366日 最重要事項は君
from my head to toe
and 五臓六腑だって
隅から隅までスキ

時代がそっぽ向いてら どっちかってどっちだっていいや
いまだに抜けられない いつだって公私混同
都合と調子がいいときだけまかり通す
これでいい?

未来がこっち向いてる なんでかってそんな気がしたんだ
傷つき打ちのめされた 青い春の群像
ピンチをチャンスに履き違えて今日も行く
これでいいのだ

発売日:2020 08 17

ゆずの新曲「公私混同」が、8月2日(日)より放送スタートする日本テレビ系ドラマ『親バカ青春白書』の主題歌に決定した。ドラマの初回放送エンディングにて、音源が初オンエアされる。

「公私混同」はレトロな雰囲気を感じさせながらも、リズミカルに洗礼されたシティポップ風のサウンドに、北川の軽快なリリックと岩沢のシニカルな歌詞がミックス。諦めやご都合主義を受け入れながらも「これでいいのだ」と自己肯定して前に進むポップソング。

同曲は北川悠仁と岩沢厚治が共作で歌詞・メロディーを制作した。二人による共作曲は、2015年発表の「二人三脚」以来、約5年ぶり。ドラマタイアップ付きの共作曲としては、2008年リリースの26thシングル「シシカバブー」以来、およそ12年ぶりとなる。