オレンジスパイニクラブ – 退屈かもしれない


退屈かもしれない

退屈かもしれない

オレンジスパイニクラブ

作曲:スズキナオト
作詞︰スズキナオト

歌詞

嫌な女の生臭い匂い
引き攣る顔をごまかせたら
街灯に群がる虫を横目に
こそこそと裏でせこく抱いた

退廃被れ 吐いたりしてえだけ
アルミ缶 9%
釈然としねえって顔でいる三日月は
イラついて 隠れて 歪な夜を捨てる

もう腐ってしまって去ってしまったが
勝手に待った
閉まって待ってを振り払って
今度はバレないように好かれないように
聞こえないようにしたい
そんな夜は退屈かも知れない

立たないクララ
勝てないパンマン
冴えないまんま見逃すキネマ
見た目は大人で脳ガキの逆コナンは
そんな安い味を絞めてた

空虚と風俗 寒い空調
冷えたら抱く調子外れた中毒
隠してたノートの愛の言葉の先で君を壊したい

10 数えたらバイビー
もう後ろは振り向かないね
その身勝手な手で振り払って
今度は泣けないように笑えないように
つまらない恋がしたい
次の愛は退屈を選びたい

もう腐ってしまって去ってしまったが
勝手に待った
閉まって待ってを振り払って
今度はバレないように好かれないように
聞こえないようにしたい
そんな夜は退屈かも知れない

発売日:2021 10 20