キンモクセイ – セレモニー


キンモクセイ - セレモニー 歌詞 MV

セレモニー

キンモクセイ

作曲:伊藤俊吾
作詞︰伊藤俊吾

歌詞

忘れたい事も忘れてしまったから
新しい色に塗り替えてしまおうと
高い空に届くように
深く胸に沁みるように
日差しの中みるみる育ってゆく
緑色のように

懐かしい歌に心を揺らしながら
昨日の続きをこれから始めようと
時の重み 言葉の意味
大した出来事じゃないと
迷いの中 心が軽くなれば
新しい季節を

それでも君は行く 片目を閉じたまま
傷ついても 失っても その全てを受け止めて
日々は続いて行く

悲しい気持ちは穏やかな水色に
嫌いな自分を鮮やかな桃色に
頭の中描くように
より自然に染めるように
暮らしの中 次々変わって行く
険しい毎日も

止まらぬ感情に涙がこぼれても
もがきながら おどけながら
歌いながら 許しながら
日々を解いて行く

雲が流れて行く 形を変えて行く

それでも君は行く 片目を閉じたまま
傷ついても 失っても その全てを受け止めて
それでも君は行く

発売日:2019 10 01

キンモクセイの新曲「セレモニー」が10月1日に配信リリースされる。

2018年10月に結成20周年を迎え、活動を再開したキンモクセイ。約8年7カ月ぶりとなる新曲「セレモニー」は今年の夏にレコーディングされたもので、バンドは楽曲について「5人それぞれの時間を経て、まさに『キンモクセイ』と言える一曲になりました」とコメントしている。