ジェニーハイ – 夏嵐


ジェニーハイ - 夏嵐 歌詞 MV

夏嵐

ジェニーハイ

ジェニースター

作曲:川谷絵音
作詞︰川谷絵音

歌詞

午後の蒸せるような気配も
懐かしくなるはず
テレビサイズの音楽も
密かにCメロ削られてた
そんなくだらない記憶しかない夏も
今年はまだまだ長いから
燦々とした表情も
見逃せる、今

夏休み
心は休めない
だってまだ
何も残せてないから
燃えるような
限りある恋をしようよ
明日晴れ
海でも行けたらな

八月の尊さについて
一つ約束をした
過ぎても悲しまない
それだけ

夏休み
心は休めない
だってまだ
何も残せてないから
燃えるような
限りある恋をしようよ
明日晴れ
海でも行けたらな

空蝉を見てた
窓の外は青から徐々に赤へ
ひたすら小さくなった
夏の大きさに拒まれて

夕立ちに
心を奪われた
それだけで
今日は何もいらない
夏嵐
もっと吹いてしまえ
終わるなら
それでもいいよ、今
夏はゆく
残り香は切なさ
吸い込んで
目を閉じた、今

発売日:2021 09 01

「夏嵐」は、ジェニーハイが9月1日にリリースするニューアルバム『ジェニースター』の収録曲だ。リリースに先駆け、TikTokではメンバーの子供時代や青春時代の夏休みの写真を使った動画と共に楽曲の一部が公開され注目を集めていた。

先行配信の開始とあわせて、Apple MusicとSpotifyではアルバムのPre-add/Pre-Saveのキャンペーンも7月28日よりスタートする。