ヤなことそっとミュート – Nostalgia


ユモレスカ ヤなことそっとミュート - Nostalgia

Nostalgia

ヤなことそっとミュート

ユモレスカ

作曲:宮崎恵輔・畠山凌雅
作詞︰畠山凌雅

歌詞

高架下に響いた笑い声は
神様の孤独を汚していた
裏ぶられた画家は眉を潜めて
幾ばくかの才能を取り戻した

僕には関係ないことが
増えすぎたようだ 振り向けば
ノスタルジア 風の香り 目眩
鈍い脳は 指令を出し損ねた

親友はいつも僕だった
親密な孤独が円になって

胸を焦がすような
憧れを追った
いつだって綺麗だった
ガラス玉は
あの光を取り戻したいこの心は
まだ間に合うだろうか
囁いた

夕べには付箋をして
黄色い服の 悲哀と目が合った
そう いつだって君は待って
僕にせかすような目で語った
丸い地平 繋がっているって

もう忘れようとしたって思い出せない
何にもない部屋に ひとつ残った歌

遠くなっていくよ
在りし日の僕ら
簡単に傷ついた
ガラス玉
あの痛みを取り戻したいこの心は
まだ間に合うだろうか
囁いた

最後と知っていれば
僕は泣いただろうか
永遠を知ったのは
それが終わったときさ

少しの留保もなく燃える星を見た
少しの留保もなく燃える星たちが

ああ見たことあるな
あの日の破片かな
まだ間に合うなら
ああ色は同じだ 匂いも 音も風も同じだ
戻れない
焦がれない
なにかを無くしてしまったんだ

今日も ああ終わってくな
ああ 空の下

発売日:2018 10 19