ヤなことそっとミュート – Reflection


ヤなことそっとミュート - Reflection

Reflection

ヤなことそっとミュート

作曲:Yohei Shibata
作詞︰畠山凌雅

歌詞

冷たい風が舞って 芽吹く臆病のたねが
私の声奪って育っていく クチナシの花
顔のない視線に怯え 逃げ帰っては
劣等感はあるさと 開き直ってたんだ
人の目には綺麗に見えた

いつだって そうやって 心の隅で泣いて
音にできない思い 消えていった
隣で揺れる 花になんて この思いは語れない
もうわかっているんでしょ
It’s my reflection

トーキングヘッド
さぁどうしようと自問自答
不正解が怖くて 白々しい花
黙っていたら 手のなる方へ
人の声を待って 影に隠れた

誰にだって 自分にさえ 素直になれなくって
その思いからまず叫ぶんだ
鏡を見て 私をまた 人の声が閉じ込める
これでいいわけないでしょ
It’s my reflection

あの日がまた ふと頬撫でる温度
水面に揺れる わたしが溶けた
聞こえてるよ
「ねえ、ずっと待っていたんだ」
思い出していく 想い溢れる音

いつだって 今だって 聞こえてた私の歌
熱くなる喉 抑えきれず
風がやんで 乾いた空 思い切り吸い込んで
咲かすこの声は
It’s my reflection

発売日:2018 06 01