ヤなことそっとミュート – Stain


ユモレスカ ヤなことそっとミュート - Stain

Stain

ヤなことそっとミュート

ユモレスカ

作曲:宮崎恵輔・畠山凌雅
作詞︰畠山凌雅

歌詞

どっか遠くへ
聞こえるはずのない
声が溶け込けんだ
そんな雪催い
痛いくらいの静けさに一人で

何度問いただしたって
清く正しく嘘をつく鼓動
ため息がひとつ 白く浮いて空に混ざった
雪を降らせるの

どうせ 街に汚れる
この白ささえ 今日はまだ美しいの
諦めたふりして 一緒に探して
想像しよう 孤独の温度とその融点を

ずっと思ってた
永遠なんてただの保留なんだと
ちょっと歩けば 先が見えると
君にうそぶいて

ただ羽毛をぶつけるの
冷めたガラス窓を透く希望
この次に潜む 季節はきっと
ゆえもなく 暖かいから

こうして胸を締め付ける 痛みが証って
ねえ そう思いたいよ
心に針を落として 33回転
よく聴いて 私の正体を

木々はしんしんと枝垂れる
降り積もる雪
思いに行き惑い 折れないようにって
風がそっと吹き抜けた
どうしてかな
君に会いたくって

こうして白を汚してく
この滲みだって
今日は ひどく正しいの
透明に溶けて消える
それは嫌だって
本当は そう思っているの

stain
確かめて 点を結んで
もう解かないで
諦めたふりして 一緒に探して
幸福の温度とその融点を

発売日:2018 10 19