ヨイズ – ヘイトミー


ヘイトミー

ヘイトミー

ヨイズ

作曲:佐藤リョウスケ
作詞︰佐藤リョウスケ

歌詞

右手に持ったナイフをしまってこの両手で光を感じたいけど
切ってしまった方が楽だからいつもこっちを選ぶ
片付かない六畳アパートは僕の心みたいに隙間がないから
愛をするにも窮屈で君には退屈だったね

そうだよね
守れないごめんねと叶わないまたねが
言葉にしなくても刺さって痛いよ
願わくば君の隣に
死ぬまではずっと居たかったな
さよならしたいならするまで隠せよ
笑ってられるほど馬鹿じゃないから
終わりだね、終わらないでよ
おやすみの合図で君はさよならの準備を

嫌いになった音楽もそうだよ、両手で夢を見てた
捨てられないこのギターだけ暗闇でよく光る

一人で決めるなよ、手段は選べよ
置いていったりとかするなよ、戯けが
願うなよ、僕の幸せを
君とじゃなければ意味なんてないのに
響いては轟く薄くなる記憶に
手を伸ばしてみても君は知らないフリ
ありがとね、なんて言わないよ
認めてしまうことがさよならになるから

泣いているのは
君と創った記憶が
この胸を掴んでは、離しても離れないから
願うなよ本当に、僕の幸せを

耳を塞いでもその手を剥がされ
鳴り止まないのは始まりのメロディ

壊してくれ、壊さないでよ
破れた鼓膜に咲く
守れないごめんねと叶わないまたねが
言葉にしなくてもなってしまったみたいだ
「ありがとねさよならだね」
朝が来るまではまだ

ずたずたになったこの手でさよならの合図を

発売日:2022 08 12