ヨルシカ – 心に穴が空いた


心に穴が空いた

心に穴が空いた

ヨルシカ

エルマ

作曲:n-buna
作詞︰n-buna

歌詞

小さな穴が空いた
この胸の中心に一つ
夕陽の街を塗った
夜紛いの夕暮れ

忘れたいのだ
忘れたいのだ
忘れたい脳裏を埋め切った青空に君を描き出すだけ

だから心に穴が空いた
埋めるように鼓動が鳴った
君への言葉も
口を開けば大体言い訳だった

だから心に穴が空いた
降る雨だけ温いと思った
繕って 繕って 繕って
顔のない自分だけ

少しずつ穴の開いた木漏れ日の、森で眠るように
深海みたいに深く
もっと微睡むように深く、深く、深く
深く夜を纏った目の奥に月明かりを見るまで

君の心に穴を開けた
音楽が何だって言うんだ
ただ口を開け
黙ったままなんて一生報われないよ

忘れたいことが多くなって
諦めばかり口に出して
躓いて、躓いて、転がって、土の冷たさだけ

君の人生になりたい僕の、人生を書きたい
君の残した詩のせいだ
全部音楽のせいだ

君の口調を真似した
君の生き方を模した
何も残らないほどに 僕を消し飛ばすほどに
残ってる

心の穴の奥に棲んだ
君の言葉に縋り付いた
でも違うんだよ、もう
さよならだなんて一生聞きたくないよ
忘れたいことが多くなって
これから僕だけ年老いて
冷め切って、冷め切って

僕の心に穴が開いた
君の言葉で穴が開いた
今ならわかるよ
「君だけが僕の音楽」なんだよ、エイミー

だから心に穴が空いた
その向こう側に君が棲んだ
広がって 広がって 広がって
戻らない穴だけ

穴の空いた僕だけ

発売日:2019 08 28

新曲「心に穴が空いた」でもその手法は健在だ。ピアノをフィーチャーした爽やかながらも憂いを帯びたこの曲と、すでに制作中だという前作からの続編アルバム『エルマ』との関連を、現段階で断定することは難しいものの、何らかの物語の一部として書かれたものであることは間違いない。

次なるアルバムの一部なのか、前作からの橋渡し的ポジションなのか、あるいはまったく別軸のものなのか?n-bunaがインタビュー等で常々「自分が作りたい音楽を作るだけ」「楽曲の良し悪しのみで判断してほしい」「それぞれの解釈で自由に楽しんでほしい」という趣旨の発言をしている通り、そうやって想像を巡らせるたびに浮かび上がってくるヨルシカの魅力。それはそれは深淵な沼である。