ヨルシカ – 神様のダンス


神様のダンス

神様のダンス

ヨルシカ

エルマ

作曲:n-buna
作詞︰n-buna

歌詞

忘れるなんて酷いだろ
幸せになんてなるものか
色のない何かが咲いた
君のいない夏に咲いた

人に笑われたくないから
怯えるように下を向く
心より大事な何かが
あってたまるものか

暮れない夕に茜追い付いて
君を染め抜いた
見えないように僕を追い越して
行かないで

僕たち神様なんて知らん顔
何処までだって行ける
なぁ、心まで醜い僕らだ
世界は僕らのものだ

音楽だけでいいんだろ
他人に合わせて歩くなよ
教えてくれたのはあんたじゃないか

どうだっていいよ、このまま遠くへ
誰も知らない場所で月明かりを探すのだ

名もない花が綺麗とか
どうでもいいことばっかだ
君の口癖が感染ってる
喉の真下には君がいる

言葉も生活も愛想も
全て捨ててこそ音楽だ
その価値も知らないあんたに
わかって堪るものか

暮れない夕に茜追いついて
僕を染め抜いた
いつか時間が全て追い抜いて
消えないで

僕たち神様なんて知らん顔
世界の全部が欲しい
なぁ心まで醜いあんたの、想い出全部をくれよ
価値観だって自由なら
人を傷付けていいだろ
教えなかったのはあんたじゃないか

どうだっていいよ、このまま遠くへ
誰も見てない場所で生きる真似をしてるのさ
酷い顔で踊るのさ
胸も痛いままで

神様僕たちなんて知らん顔
何処までだって行ける
なぁ、言葉が世界だと云うなら、世界は僕らのものだ
忘れるなんて酷いだろ
幸せになんてなれるかよ
僕を歪めたのはあんたじゃないか

そうだった、僕はこのまま遠くへ
誰も知らない場所で月明かりを探すのだ

発売日:2019 08 28