ヨルシカ – 雨とカプチーノ


雨とカプチーノ

雨とカプチーノ

ヨルシカ

エルマ

作曲:n-buna
作詞︰n-buna

歌詞

灰色に白んだ言葉はカプチーノみたいな色してる
言い訳はいいよ 窓辺に置いてきて
数え切れないよ

灰色に白んだ心はカプチーノみたいな色してる
言い訳はいいよ 呷ろうカプチーノ
戯けた振りして

さぁ揺蕩うように雨流れ
僕らに嵐す花に溺れ
君が褪せないような思い出を
どうか、どうか、どうか君が溢れないように

波待つ海岸 紅夕差す日
窓に反射して
八月のヴィスビー 潮騒
待ちぼうけ 海風一つで

夏泳いだ花の白さ、宵の雨
流る夜に溺れ
誰も褪せないような花一つ
どうか、どうか、どうか胸の内側に挿して

ずっとおかしいんだ
生き方一つ教えてほしいだけ
払えるものなんて僕にはもうないけど
何も答えられないなら言葉一つでもいいよ
わからないよ
本当にわかんないんだよ

さぁ揺蕩うように雨流れ
僕らに嵐す花に溺れ
君が褪せないように書く詩を
どうか、どうか、どうか今も忘れないように
また一つ夏が終わって、花一つを胸に抱いて、
流る目蓋の裏で
君が褪せないようにこの詩を
どうか、どうか君が溢れないように

発売日:2019 08 28

新曲「心に穴が空いた」でもその手法は健在だ。ピアノをフィーチャーした爽やかながらも憂いを帯びたこの曲と、すでに制作中だという前作からの続編アルバム『エルマ』との関連を、現段階で断定することは難しいものの、何らかの物語の一部として書かれたものであることは間違いない。

次なるアルバムの一部なのか、前作からの橋渡し的ポジションなのか、あるいはまったく別軸のものなのか?n-bunaがインタビュー等で常々「自分が作りたい音楽を作るだけ」「楽曲の良し悪しのみで判断してほしい」「それぞれの解釈で自由に楽しんでほしい」という趣旨の発言をしている通り、そうやって想像を巡らせるたびに浮かび上がってくるヨルシカの魅力。それはそれは深淵な沼である。