レトロリロン – 深夜6時


レトロリロン - 深夜6時 歌詞 MV

深夜6時

レトロリロン

作曲:涼音
作詞︰涼音

歌詞

この想いだけを捨てられない
今日が終わっていくのに
僕は何も変われやしなかった
味のしないコーヒーは捨てて
今日は始まっていくのに
目が開かない

心に声をかけても
話せなくなってしまったな
救いもない徳ばかりを積み上げて
選ぶほど損になるなら
期待を持つ意味もないよな
助けて欲しくて今日も迷ってる

君に会ってしまえば
もう会ってしまえば
いいことくらい分かっているけど
それに甘えてしまえば
甘えてしまえば
僕は僕をきっと諦めてしまうから

答えのないことばかりが増えて
今日も正解を探して
僕は上手く生きれなかった

途方もない未来だけがあるから
今日を過ぎるだけの日々に
気がつかない

誰かの声を頼りに
生きるのに慣れてしまったな
必要のないことばかりを追いかけて
頼ることなんてできない
でも独りになんてなれない
居場所を求めて今日も探してる

君に会ってしまえば
もう会ってしまえば
いいことくらい分かっているけど
それに甘えてしまえば
甘えてしまえば
僕は僕をきっと投げ出してしまうから

憧れて優しさを知った
騙されて正しさを知った
眠れない夜だけが僕の味方だ

幸せになっちゃ駄目かな
願うだけはいいんじゃないかな
“ホント”を隠して今日も過ごしてる

君に会ってしまえば
もう会ってしまえば
いいことくらい分かっているけど
それに甘えてしまえば
甘えてしまえば

君に会ってしまえば
もう会ってしまえば
いいことくらい分かっているから
それに甘えてしまおう
もういっそ甘えてしまおう

僕は僕をきっと諦めない
だから僕は今日を変えてみたい
この先ずっと君を愛していたいから

発売日:2022 11 09

「深夜6時」は、涼音(Vo, AG)の不眠症の経験をもとに制作された楽曲。10~20代の青春の裏側に潜む、不安や焦り、後悔、そして希望をまっすぐに吐露するリリックが印象的な1曲となっている。YouTubeでは、この曲の弾き語り映像が公開されている。

またレトロリロンは11月22日に東京・下北沢MOSAiCで初の自主企画イベント「朝が来るまで」を開催。ゲストにEOW、一寸先闇バンドを迎えてライブを行う。イープラスでは本公演のチケットを販売中。