三月のパンタシア – あのね。


邂逅少女 三月のパンタシア - あのね。

あのね。

三月のパンタシア

邂逅少女

作曲:澤田空海理
作詞︰みあ・澤田空海理

歌詞

「生まれ変わったら」なんて冗談は、
冗談でも言えなくなって。
ようやく慣れた肩の位置さえもいつか忘れるんだ。
あぁ、不器用さごと変わんないね。
誤魔化せない性格だって愛しくて、
君は今でも、慌ただしい春みたいだ。

同じ空、同じ景色を見ていたのに
会えなくなるんだね。
柔い手のひらを思い出している。

あのね。あの日々は大切で。
何でもない一瞬ですら、私には光だった。
祈るように。君が、今も幸せでありますように。
あのね。私、君と恋をしたんだ。
覚えていようね。きっと、ずっと、このまま。

君の名前を呼びたくなって、唇に想い込める。
だけど喉の奥 切なさつっかえて、言えずに。

愛のような、完全無敵の幸福が
ずっと続けばいい。
なんて、わがままをひとり呟いた。

ふいに過去がぼやけるたび、必死に日々を思い出す。
綺麗な虹。薄れないよう、何度も塗り重ねて。
願うように。君のかけら、冷えた両手で包んだら。
月が溶けて夜が動き、今、新しい朝がはじまる。

甘え方さえ、昨日のようだ。
不自然になっていたらごめんね。
神様がくれたロスタイムが正夢になれば。
花降る道、星の余韻。
悪い癖のひとつや、ふたつ。
呆れるほどに似ていない二人。
多分、奇跡だったよね。

あのね。あの日々は永遠でね。
人はつねに忘れながら生きてゆくものだとしてもさ。
覚えていようね。きっと、ずっと。また、出会うときまで。

発売日:2022 03 09