三月のパンタシア – 101


三月のパンタシア - 101 歌詞 PV

101

三月のパンタシア

作曲:じん
作詞︰じん

歌詞

指先占う 選ばれない花びらは何方
爪先で競う 目は離さない ほら凛と淡々と
日々日々絡まる また深呼吸 知らないで触んないで
あべこべに笑う 戸惑ってる 言葉の意味は内緒

あぁ 近づいたって遠くなる
透明な 色で出来たメイ・シンドローム
迷信を 怖がらないで手を添えて
醒めない 魔法をかけて

1000000回願って 1000000度声に出して
息も止まるくらいずっと本気で
諦めそうな想いが 見えない炎になって
心を燃やしていくから

1/100の恋を 100倍して唱えて
ただの物語で終わんないように
逃げない足を蹴って 晴れない世界を走っていく
めげない花咲くんだ フレアブルーに染まっていたんだ

迷走迷ってる 彷徨って不安に塗れてる
臆病になってる 色めいた感情 所詮は妄想?
決断したがってる 従ってる常識なタガを外して
(Let’s get started)

足の向くまま GO FOR 夜に浮かんで フロアに乗っかって
危なげな長針が0になって 解けなくなったって trick trick
暴走気味な拮抗 押さらば引っ張って
結末がもう近づいている 勘づいてる そう きっと

あぁ 追いかけたって見失う
慎重にピント合わせた 瞳の奥
ページ開く 広がる世界に目を向けて
冷めない情熱を込めて

1000000回叫んで 1000000度掻き消されて
喉が枯れるくらいこんな調子で
間違ってそうな今日も 次の未来になって
明日へと変わっていくなら

百年の恋も愛も 一度きりの今日も
ただの強がりで終わんないように
めげずに出した声が 知らない色に揺れていたんだ

舞い上がって 風になって 散っていく
薄っぺらくて 臆病な 毎日を
一歩ずつ 一歩ずつ 進んでいく
少しずつ 少しずつ 色が付く

あぁ 近づいていく瞳の奥

一度きりの恋を 一番に届けたくて
息の続く限りずっと本気で
溶け出した想いが 見えない炎になって
心を燃やしているから

1/100の恋を 100倍して唱えて
ただの物語で終わんないように
逃げない足を蹴って 晴れない世界を走っていく
めげない花咲くんだ フレアブルーに染まっていたんだ

発売日:2021 07 21

三月のパンタシアが、7月クールのテレビアニメ『魔法科高校の優等生』オープニングテーマ「101」を配信リリース。

「101」は、じんが書き下ろしたクールで攻撃的なナンバー。100枚の花びらを持つといわれるケンティフォリアローズをモチーフのひとつとしており、100枚の花びらを使い、答えの出ない花占いをする少女による「101枚目の決意」を歌っている。

ミュージックビデオでは次から次へと進行していく歌に乗せ、言葉やイラストが変化していく。三月のパンタシアのテーマカラーであるブルーを軸に、赤い炎よりも温度が高い青い炎が表現されている。

なお「101」を収録した両A面シングル「101 / 夜光」は7月21日にリリースされる。