三浦大知 – 燦燦


三浦大知 - 燦燦

燦燦

三浦大知

連続テレビ小説『ちむどんどん』主題歌

作曲:UTA・三浦大知
作詞︰三浦大知

歌詞

白い花 揺れる波
遠くなればなるほどに
憶い出す 糸と針 握る指先

手を鳴らして 歌う涙も
あの日の言葉も 星空も

届いて この歌 あなたは
いつもと同じように
笑いながら 言うのでしょう
「大丈夫 ほら 見ていて」

陽の光 纏う朝
開く窓 願う姿
忘れない 机の前 あなたの場所

また会えたら話をしよう
あの日の続きを聴かせてよ

届いて この歌 あなたが
信じてくれたように
どんな日々も どんな意味も
繋がっている
響いて この歌 あなたへ
降り注ぐ順光線
照らす背には永久の願い
「大丈夫 ほら 見ていて」

きっとまだ 鳴らない声
それでもいい あなたへ

届いて この歌 あなたが
信じてくれたように
裸足のまま 生き抜くから
見守っていて
響いて この歌 あなたは
降り注ぐ順光線
続く空に踊る光
『大丈夫 ほら 見ていて』

発売日:2022 06 08

三浦大知の「燦燦」が、4月11日から放送予定のNHKの連続テレビ小説 第106作『ちむどんどん』主題歌に決定した。三浦大知の楽曲が連続テレビ小説の主題歌に起用されるのは、今回が初めてとなる。

『ちむどんどん』は、2022年に本土復帰50年を迎える沖縄を舞台に、沖縄に生まれ育ったヒロインと兄妹たち家族の50年の歩みを⾒つめる、笑って泣ける朗らかな、美しい家族とふるさとの物語。

沖縄料理に夢をかけるヒロイン・比嘉暢子、四兄妹の次女を黒島結菜が演じ、主人公を支え・見守る兄妹役は竜星涼、川口春奈、上白石萌歌、そして両親役は仲間由紀恵、大森南朋が演じる。

主題歌に決定した三浦大知の新曲「燦燦」は『ちむどんどん』のために書き下ろされたオリジナル楽曲。作詞は三浦大知、作曲はUTAと三浦大知が担当した。