安斉かれん – 僕らは強くなれる。


僕らは強くなれる。

安斉かれん

作曲:五十嵐充
作詞︰安斉かれん

歌詞

馬鹿にされて嗤われた夢 拳握り締め震えていた僕
現在(イマ)は未来(サキ)が見えないとしても 掴み取るまでは戦い続けよう

積み重ねて来た日々 大丈夫、裏切らないよ
背中押す過去の僕 声は届いてるか?

自分を見失っても 押し潰されそうでも
みんなのその声を武器に 何度でも立ち上がろう
自分に負けそうな時も 諦めかけた時も
破いたページの分だけ 僕らは強くなれる

繰り返し敗北しても 立ち向かう事を決してやめないで
逃げることは簡単だけど 挑み続ければ道は開かれる

高い壁を見付けて 越える度、求めるその先
腕を引く未来の僕 声は届いてるか?

思い通り行かない時も 投げ出しそうになっても
超えられない試練などない 何度でも前を向こう
答えの出ない問題も 度重なる困難も
描いた地図(セカイ)の分だけ 僕らは強くなれる

この先、歩いてく悪路(ミチ)に 倒れることもあるさ
躓き傷付きながらも 何度でも越えて行こう
限界を超えた先は 光で満ち溢れてる
破いたページの分だけ 僕らは強くなれる

発売日:2020 07 22

安斉かれんが7月22日にニューシングル「僕らは強くなれる。」をサブスクリプションサービス限定で配信リリースする。

現在放送中のテレビドラマ「M 愛すべき人がいて」でヒロイン・アユ役を演じ、注目を集めている安斉かれん。今回リリースが発表された新曲は安斉が音楽の道を志すきっかけとなった学生時代の吹奏楽部での経験を描いた作品で、何かに挑戦する人々へ向けた応援ソングとなっている。

サウンドはもともとシンプルなバンドアレンジだったが、安斉のアイデアでブラスアレンジが加えられたとのこと。ブラスパートの演奏にはYouTubeでの動画再生総数が1億回を超える京都橘高校吹奏楽部が、2018年夏から1年以上にわたるレッスンを経て参加した。間奏部分では安斉本人もソプラノサックスの演奏している。YouTubeでは安斉と京都橘高校吹奏楽部が共演したミュージックビデオが公開されている。