安斉かれん – 18の東京


安斉かれん - 18の東京

18の東京

安斉かれん

作曲:MARIA
作詞︰Kalen Anzai

歌詞

滲んでくため息
18の東京 きらきら
星と灯りだけ見てた

幸せのベクトル
はかる暇もなくて
嫌々、声は内側で響く

ByeBye 単純明快
全部がトリップしてしまうくらいに
遊んでよ

ただ、そっと そっと
感情を黒く黒く染め上げた

ByeBye ByeBye 単純明快な
子供の頃の様な日々

そっと そっと
感情、さよなら

馴染んでくため息
いい子を演じたら ひらひら
何処へも飛べなくなるさ

責任、情や愛
生まれる謎やら闇
嫌々、答えは自分で見つけて

ByeBye 単純明快
全部がトリップしてしまうくらいに
遊ぼうよ

ただ、そっと そっと
感情を黒く黒く染め上げた

ByeBye ByeBye 単純明快な
中指を立てる様な日々

そっと そっと
感情、さよなら

ByeBye 単純明快
全部がトリップしてしまうくらいに
遊んでよ

ただ、そっと そっと
感情を黒く黒く染め上げた

ByeBye ByeBye 単純明快な
子供の頃の様な日々

そっと そっと
感情、さよなら

発売日:2021 09 29

安斉かれんが、7作品連続リリースを発表。その第1作として、「18の東京」を9月29日にリリースすることが決定した。

本作は、18才という節目に“新たな自由”を見出そうとする主人公が、都会の片隅で決意するように感じた屈折と野望を描いた楽曲だ。サビにある“Bye Bye”のリフレインでは、大人になるに連れて備わる強さと、引き換えに失っていく感情への諦めが綴られている。

アートワークは、YOASOBI「夜に駆ける」のキービジュアルなどを担当し、信念を持つ女の子を描くことで10代後半〜20代前半の女性から多くの支持を受けるイラストレーター・古塔つみ”が手掛けた。

なお、本日9月21日、自身のレギュラー番組であるFMヨコハマ『てくてくかれんだー』にて「18の東京」の音源が初解禁される。