岡崎体育 – 深夜高速


深夜高速

深夜高速

岡崎体育

作曲:鈴木圭介
作詞︰鈴木圭介

歌詞

青春ごっこを今も 続けながら旅の途中
ヘッドライトの光は 手前しか照らさない
真暗な道を走る 胸を高ぶらせ走る
目的地はないんだ 帰り道も忘れたよ

壊れたいわけじゃないし 壊したいものもない
だからといって全てに 満足してるわけがない
夢の中で暮らしてる 夢の中で生きていく
心の中の漂流者 明日はどこにある?

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜を探してる

年をとったらとるだけ 増えていくものは何?
年をとったらとるだけ 透き通る場所はどこ?
十代はいつか終わる 生きていればすぐ終わる
若さはいつも素裸 見苦しい程ひとりぼっち

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜を探してる
生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜はどこだ

僕が今までやってきた たくさんのひどい事
僕が今まで言ってきた たくさんのひどい言葉
涙なんかじゃ終わらない 忘れられない出来事
ひとつ残らず持ってけ どこまでも持ってけよ

生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜を探してる
生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった そんな夜はどこだ

いこうぜ いこうぜ 全開の胸で
いこうぜ いこうぜ 震わせていこうぜ
もっともっと もっともっと見たことない場所へ
ずっとずっと ずっとずっと種をまいていく
全開の胸 全開の声 全開の素手で
感じることだけが全て 感じたことが全て

生きててよかった 生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった 生きててよかった
生きててよかった 生きててよかった

発売日:2021 12 08

「深夜高速」はフラワーカンパニーズが2004年にリリースした楽曲。岡崎体育が出演するSMBCグループのテレビCM「ともに、前へ」編のコンセプトと同曲の歌詞が合致したことからCMソングに採用され、岡崎体育がオリジナルアレンジでカバーしている。

このCMでは岡崎体育が、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手と同級生という設定で出演。高校時代のラグビー部でスター選手だった稲垣と補欠に終わった岡崎体育が卒業して別の道を選び、それぞれがラグビーのプロリーグ選手、SMBCの社員として懸命に生きるというドラマ仕立ての映像となっている。