平井大 – 栄光の扉


平井大 - 栄光の扉

栄光の扉

平井大

作曲:Dai Hirai
作詞:EIGO(ONEly Inc.)・Dai Hirai

歌詞

思いつきみたいな夢
笑われた時もあったね
それでも必死に追い求め走ってきたよね

自分を疑った時
理想、諦めそうな時でも
日が暮れるまでがむしゃらに掴まってた

そんなキミを知っているから
夢はそんなキミを裏切らないんだ

勝敗がもたらすドラマの向こうに
それぞれを待っている栄光の扉が
必ずあるんだ

人目も気にせずに泣いて笑って
走り抜けたこの夏、一番長く熱かった
夢のその続きへ

輝け、いま誰よりもその涙
過ごした時間の数だけ
強くなってきたはずだから
さぁ、胸を張れ。

泥まみれの思い出
青臭くてちょっと照れるね
それでもそれは誇れる歴史の1ページだ

何もやらないで指差す
誰かより やって転んでる
人の方が未来でモテるみたいだからさ

そんなキミの夢が好きなんだ
そして夢はそんなキミを裏切らないんだ

運命がもたらすドラマの向こうに
どこよりも眩しい栄光の扉が
明日を待ってる

人目も気にせずにただがむしゃらに
走り抜けたあの夏、一番長く熱かった
瞬きのその続きを

勝敗がもたらすドラマの向こうに
それぞれを待っている栄光の扉が
必ずあるんだ

人目も気にせずに泣いて笑って
走り抜けたこの夏、一番長く熱かった
夢のその続きへ

輝け、いま誰よりもその涙
過ごした時間の数だけ
強くなってきたはずだから
さぁ、前を向け。

輝け、いま誰よりもその涙
過ごした時間の数だけ
強くなってきたはずだから
さぁ、胸を張れ。

発売日:2022 07 18

平井大の新曲「栄光の扉」が「夏の高校野球応援ソング/『熱闘甲子園』テーマソング」に決定した。

「栄光の扉」は、「勝ち負けのさらに先にある未来に、ポジティブな感情で臨んでいってほしい」と、球児たちの背中をそっと押すようなあたたかい言葉とやさしい歌声、そしてキャッチーなメロディで紡いだ1曲。勝ち負けのさらに先にある人生の希望までを描いたテーマソングに相応しい楽曲に仕上がっている。

この楽曲は、7月24日から放送されるABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット『甲子園への道』、8月6日(土)から放送されるABCテレビ・テレビ朝日系列全国ネット『熱闘甲子園』、ABCテレビ・ABCラジオ・BS朝日・スカイA(録画放送)ほか系列各局『第104回 全国高等学校野球選手権大会 中継』でテーマソングとして使用される予定とのこと。

さらに、テレビ朝日系列全局の“夏の高校野球応援ソング”にも採用されることが決定した。各都道府県で開催される地方大会から、全系列局が同じテーマソングを使用するのは史上初のことで、甲子園を目指す球児たちに、彼らの第一歩から寄り添っていく。

そして、実際に球場でも「栄光の扉」が、球児や応援する仲間たち、家族、観客、全ての人の背中を押し、寄りそう一曲になればという思いから、吹奏楽譜出版社のウィンズスコアでは、5月20日よりいち早く「栄光の扉」の応援アレンジバージョンの楽譜を無料で配布することが決定した。ファンファーレのついた「イントロあり Ver.」と、応援にそのまま使える「イントロなし Ver.」の2種類が同時配信される予定だ。