手嶌葵 – 真夜中のメロディ


手嶌葵 - 真夜中のメロディ

真夜中のメロディ

手嶌葵

作曲:兼松衆
作詞︰いしわたり淳治

歌詞

眠れなくて 見上げた空
あなたといた あの頃を思いながら
怖いくらい 恋をしてた
今なら笑ってしまうような 夢を見てた

懐かしいメロディ
しずかに口元をこぼれてく

眩しい月が あなたの
遠い町でも見えますか

眠れなくて 開いた本
あなたに似た 主人公は恋が下手すぎて
街で今も 寝癖のまま
よれたシャツを着た人を見ると 振り返るの

どうしていますか
しずかに口元をこぼれてく

夜の風が こころの 隙間にしのび込んで
もう二度と 戻らない 思い出に魔法をかける

あなたは 夢にも 会いに来てくれないから
もう少し このまま ぼんやり 空を見上げてる

発売日:2019 10 09

手嶌葵の新曲「真夜中のメロディ」が、NHKラジオ深夜便「深夜便のうた」(10-11月)に決定し本日より楽曲がオンエアされる。

作詞・作曲・編曲は、これまでにも手嶌葵に多く楽曲提供しているいしわたり淳治・兼松衆のコンビによるもので、60年代のアメリカンフォークを彷彿とさせるシンプルでノスタルジックなサウンドだという。手嶌葵のウィスパーヴォイスがリスナーに寄り添い、誰しもが経験する思い出をそっと引き出す楽曲とのことだ。

手嶌はこの楽曲について、以下のコメントを寄せている。

「大好きなお二人に作っていただきました。いしわたりさんの歌詞には、いつも小説を読むように想像が膨らむのですが、今回も昔好きだった人のことや、かつて読んだ本の内容など、いろいろなことを思い出しながら、眠れない自分に歌うイメージでレコーディングに臨みました。兼松さんのメロディーには私はいつも海をイメージするのですが、今回は爽やかな風を感じるとても美しい調べを味わっていただけると思います。私はラジオが大好きなので、深夜のラジオを通して、この曲が皆さまの耳に自然に届くといいなと思い、きちんと丁寧に歌うことを心がけました。いろいろな思い出がよみがえってくるような曲だと思いますので、秋の夜長、『真夜中のメロディ』を聴いて、いろんなことを思い出しながら、ゆったりと眠りについていただけたらうれしいです」

なお、「真夜中のメロディ」は配信限定にて来週10月9日(水)より、iTunes、レコチョクほか主要DLサイト、Apple Music、LINE MUSICほか主要サブスクリプションサービスにて配信される。