日向坂46 – 飛行機雲ができる理由


飛行機雲ができる理由

飛行機雲ができる理由

日向坂46

作曲:小網準
作詞︰秋元康

歌詞

空のキャンバスに 指で描くような白い飛行機雲
どうやって飛べば 雲ができるのか 君が突然 僕に聞いた

どうしてなんだろう 僕も知らなくて 答えに困ってたら
あれは飛行機の涙じゃないかな 君がポツリと言った
僕たちは(どこまでも)晴れ渡ってて
悲しみの(雨雲は)どこにもないって
思ってた

微笑んでた 君がある日 振り向いたら泣いてたなんて
そんなことって あるのかなって 僕は不安になった
飛行機雲って 自分じゃ何も 気づかないうちに 雲を作って
だからこんなに なぜか切ない 景色に見えるのかもしれない

風が吹き抜けて 長い髪が揺れ そっと手で押さえた
君は何となく 胸のざわめきを感じたんだと思う

愛しさを(永遠と)言えないのなら
僕たちは(ああ何を)信じればいいんだ
この先に

自分だけが落とし物をしていないと自惚れてた
愛してる?って 確かめたってきっと答えられない
まさかこんな 幸せにさえ 見えない何かあるんじゃないか?
それでも僕は 君と一緒に この空を飛びたいと願う

地上から空を見上げてると 飛行機雲は見えてても
エンジンの音は 何も聴こえて来ないね
僕が思ってるよりも 泣いてる君は遠くにいて
声掛けてあげることもできなくて ごめん

微笑んでた 君がある日 振り向いたら泣いてたなんて
そんなことって あるのかなって 僕は不安になった
飛行機雲って 自分じゃ何も 気づかないうちに 雲を作って
だからこんなに なぜか切ない 景色に見えるのかもしれない

発売日:2022 06 01

日向坂46の新曲「飛行機雲ができる理由」のMVが、グループの公式YouTubeチャンネルにて4月19日に公開された。デビューから3周年を迎え、少し大人になった今の彼女たちだからこそ表現できる、ハッピーオーラ溢れる映像に仕上がっている。

「飛行機雲ができる理由」は、6月1日にリリースされる7thシングル『僕なんか』の収録曲。MVのストーリーは「陽だまり寮」を舞台に展開され、改装工事のため取り壊しが決まったことを受け、寮に住むメンバーたちが最後のダンスパーティーを楽しむまでの様子が描かれる。フィルムの質感も含め、レトロな雰囲気が漂ってくる作品だ。

物語の舞台である『陽だまり』といえば、「僕なんか」の活動をもってグループから卒業することを発表している渡邉美穂の1st写真集タイトル。また、渡邉のサイリウムカラーは「パステルブルー」と「ホワイト」で、空に浮かぶ雲は「青」と「白」を連想させる。渡邉の卒業ソングと、意識しても無理はないだろう。